FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ギター022動画、ロング&ショート

Posted by ビータのマツモト on 28.2019 動画投稿 0 comments 0 trackback
ここのところビータギタラーズでは
「演奏動画」をYouTubeにUPしていますが、

今回は、ギターをただ紹介する動画「visual movie」
クイント・ギターver.022をUPしました。


この動画は、ロング版とショート版の2つ作りました。

ショートはInstagram用の1分版ですが、
単なる短縮版では退屈なので、内容を変えています。

まずはロング版(1分50秒)


次にショート版(59秒)


以前このギターの演奏動画
(私が、ピックアップを切り替えながら弾いている動画)
を撮影した日に、
妻と、ケースの開け閉め等、ギャーギャー言いながら
楽しく撮りました。

編集時に、ピック・スクラッチの音や
最後の「どかーん(6弦開放)」て音、
(この音は、私のクイントギター006で撮りました)
リズムマシンの音をミックスしたり、
動画編集技術も、ビータギタラーズ的には進歩した気がしています。


ロング版のような、作成~完成写真のスライドショーは
以前からアイディアだけあって。
今回、ようやくまとまりました。

今後もこのような動画を増やしたいと思います。


(過去の動画一覧は、ビータギタラーズ・サイトの
YouTube リストページでどうぞ)

このギターの詳細はビータギタラーズ・サイトの詳細ページ
ででご覧いただけますが、
既に納品済みで、ストックしていません。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

60秒

Posted by ビータのマツモト on 23.2019 動画投稿 0 comments 0 trackback
かつて力石徹は少年院で人差し指を掲げ
「1ラウンドじゃねえ、1分だ」
と言ったという。

ビータギタラーズで
ここのところUPしている試奏などの動画は、
60秒以内、という事にしています。

これは、現在インスタグラムの動画投稿が
60秒以内となっていて、それに合わせることと、

そもそも、それよりも長いと、
曲作りも演奏も収録も編集もたいへん。
観てくれる方も、そんなに時間無いだろうから
短編にして、気軽に観てもらおう・・・
という、ちょうどよい理由からです。

そういうことがあり、
いつも試奏をお願いしている宇野さんには、
シリーズ初回から、
1分以内のフレーズをお願いしています。

先日の収録打ち上げで宇野さんが、
「最近、「1分」というのを意識してる」という話があって、
なるほど、
ボクサーは3分を意識して生活していると何かで読んだ事があるな
と思いました。

例えば3分半のロックンロールの内、
もし30秒~1分くらいギターソロが割り当てられていたら
ドラマチックな展開のソロやブレイク、
転調への誘いが期待できるかもしれないし、
いかにも「ギターバンド」って感じがする。

リフやバッキングを弾くにしても、1分あれば
曲の雰囲気を伝えられるケースが多いだろう。

私が弾く動画に限って言えば、
30秒~1分なら、なんとかがんばって練習して
一応「弾いてます」風に漕ぎ着ける気もする。

そんなふうにして、
動画作成を楽しんでいます。

ところで今後、
「1分くらいなら、まあ観てもイイかな」という方は
YouTubeのチャンネル登録を、おねがいします。
ビータギタラーズのYouTubeチャンネル

ビータギタラーズの過去の動画まとめページはこちらです


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

クイント・ギターver.016 演奏動画

Posted by ビータのマツモト on 16.2019 動画投稿 0 comments 0 trackback
ここのところのブログでは、動画紹介ばかりですが・・・

本日、
ビータギタラーズの楽器をちょこっと試奏する動画
Vita Guitala's A short music movie
の、シリーズ最新作
quinto guitar ver.016 (再生時間 約49秒)
をYouTubeにUPしました。



奏者は、このシリーズではお馴染み、
宇野振一さんです。

宇野さんのブログページ

この「クイント・ギター」はセミアコ仕様。
(ボディ内部に、大きな空洞があります)
ピックアップは、フロントポジションに、
ミニ・ハムバッカーが1つだけ。

フレーズは毎回
宇野さんにギターの仕様、キャラだけをザックリ伝えて、
自由に考えて頂く事にしていますが、
今回は特別に私から、
「スライド・ギターで!」とお願いしました。
(フレーズは、宇野さんが考えてくれました)

アンプはいつも通り
フェンダーのホットロッド・デラックスⅢ
(真空管コンボ40w)
エフェクターは無し。アンプに直。

「フロントに1発、しかもミニハム」
という、おとなしいというか、
Jazz寄りを意識して作ったギターですが、
あえてアンプの歪み量を増やして
ワイルドな演出にしました。

このミニ・ハムバッカーは、
コイル・タップ(スイッチでシングルピックアップに切替え)
ができるので、
曲の初めと終わりは、コイル・タップの音にしました。
(タップのスイッチは、ボリューム・ツマミを引っ張るようになっています)

この切替えは、現場での宇野さんのアイディア。
曲の導入とお尻に、メリハリが付いたと思います。


なお、このギターは販売中で、
在庫は、この1本のみです。
(ビータギタラーズのギターに付いているVer番号は
重複しません)



宇野さんに弾いて頂いたのは今回で6回目となりました。
このシリーズ、これからも続けたいと思います。
ご期待ください。


(過去の動画一覧は、ビータギタラーズ・サイトの
YouTube リストページでどうぞ)

このギターの詳細は
ビータギタラーズのクイントギターVer.016ページ


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

ネッコロガール・ギター動画UP

Posted by ビータのマツモト on 07.2019 動画投稿 0 comments 0 trackback
昨日のブログ の続きです。


昨日のブログの最後で書いたように本日YouTubeに、
昨年末のライブで演奏した曲
「ネッコロガール」の動画をUPしました。



曲名:ネッコロガール
原曲バンド:ストラト☆ダンサーズ
作詞・作曲:江上英樹
編曲:ストラト☆ダンサーズ&宇野振一

この動画では、ギターのピックアップ(マイク)の切り替えを
キャプションにて表示しています。

操作に凝りすぎて、けっこう忙しくて。
しかも本番では、コーラスも入れないと、で、
結局、上手く弾けないパターンです。

曲の最初部分は、「フェイズ・アウト」という設定の音。

この設定は、クイーンのブライアンメイが多用していて、
あの映画では、始まる前のファンファーレまで
そんな音にしてて。
(サントラCDにも入っています。)
映画と、曲を練習していた時期とが重なったので
影響されました。

この「フェイズアウト」は、
たいてい(配線ミスでなければ)、
特別にスイッチを設けないと出せない音になっています。
(フェンダーのムスタングには初めから付いてます)


一連の「ライブで演奏したのを再現しておこう」動画は
一旦これで完結。
(今回のギターと機材の詳細は、前回同様です)

おかげで最近、自分の上手くない演奏を
堂々とYouTubeにUPするのにも慣れました。


さて。
近々ですけど3月9日。

西荻窪のジジアナベル
にて、またライブがあり、

20190309ngf

昨日の「ささやかだけど美しい」、
そして今日の「ネッコロガール」
を演奏する予定です。

ご興味のある方は、どうぞいらしてください。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

ささやかだけど美しい・ギターソロ前後半

Posted by ビータのマツモト on 06.2019 動画投稿 0 comments 0 trackback
昨年末の12月23日に「スト☆ダン復活祭」が催され
当時、ブログで告知しました。

私もヘルプ的に少しギターを演奏し、
それはとても楽しかったのですが、
ストラトダンサーズ
(撮影:近藤俊哉さん)

告知したくせに報告が遅れてしまいました。

ところで私はギターを始めた当初から
演奏よりも、ギターの種類を覚えるのが好き、
みたいな感じで、

特に最近は、ちゃんと「曲」を弾くことは無く、
このライブに誘われるまで、
まさか人前で弾く事になるとは思っていませんでした。

久しぶりにギター演奏の練習を真面目にしたし、
最近の動画の流れもあり、
フレーズを忘れないうちに撮っておこう、と。

そんな動画を昨日・今日の2回に分け
YouTubeにUPしました。

曲名:ささやかだけど美しい
原曲バンド:ストラト☆ダンサーズ
作詞:中川いさみ
作曲:江上英樹
編曲:ストラト☆ダンサーズ&宇野振一

ギターソロ・前半


ギターソロ・後半


いつもはエフェクター無しで撮りますが、
今回はライブの再現・報告という気持ちもあるので、
ライブで使ったエフェクターを持ち込みました。

演奏は後半モタって(タメではなく)ますが、
私はこんな程度です。
今回の2つのフレーズは、
ギターソロの割り当てを頂いたので、自分で組み立てました。

ギターは、自分用に作ったクイント ver.006

機材は
Amp : "Fender Twin Reverb"
Effectors : BOSS
CS-2 , Compressor
OD-1 , Over Drive
DM-3 , Delay

カメラはキャノン60D、レンズは35mm単焦点
録音マイクは前回の日記のマランツです。

次回は、
同じくライブで演奏した「ネッコロガール」をUPします。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
 HOME 

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR