FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイーン ボヘミアン・ラプソディ

Posted by ビータのマツモト on 31.2018 雑記 0 comments 0 trackback
大ヒットしてるクイーンの伝記映画、
ボヘミアン・ラプソディ。

queen-01.jpg

ウチは夫婦で映画館へ。
堪能してまいりました。

queen-02-.jpg

さて。
映画レビューは他の方々が書いているので
お任せしまして。
ギターを作ってる人目線で。

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイ。
ギターマニアなら知っていますが、
あの、クイーンのデビュー当時(73年頃)から使っている
彼の赤いギター。
アレは、ブライアンと、お父さんが作った
オリジナルギターなのです。

その後色々なメイカーがコピーを作りますが、
オリジナルは1本のみ。

多分、世界で一番有名な自作ギターです。

しかも、63年頃(ブライアンは47年生まれ)
には原型が出来上がっていたのでした。
63年って、ええと…16歳!? って、高校一年生じゃん!!

詳しく知りたい方は、ディスクユニオン刊行のマニア的超名著
「レッド・スペシャル・メカニズム」
queen-03.jpg
ISBN978-4-907583-38-5
を、是非お取り寄せください。


クイーンの音楽は、オリジナリティが云々と。
確かにそうだと思いますが、
ギター単体だけでも恐ろしくオリジナルすぎる。

ロックって自由で反抗的なハズなのに、
機材含め、殆どは誰かの真似で。
どんなジャンルでもオリジナルって、勇気が必要だと思うけど、
高一の時に父ちゃんと作ったギターで、
あのウェンブリーに立つって。

田舎でチマチマと一人で、
大メーカーのコピー品とはちょっとだけ違うギターを
細々作っている私は、
ウェンブリーのシーンは映画が意図するのとはチョイ違う意味で
感激したのでした。

あと、今回の映画は、
ブライアンが随分アドヴァイスしたみたいで。
レコーディングのシーンとか、実際に近いんだろうなと想像すると
当時を知る人が生きている時に映画が作れて良かったよねー
とも思いました。

♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

スポンサーサイト

ストダン復活祭2018-12/23

Posted by ビータのマツモト on 21.2018 雑記 0 comments 0 trackback
近々になってしまいましたが、
12月23日、東京・新宿のライブハウス
「真昼の月 夜の太陽」

にて、
中川いさみさんの漫画「ストラト!」
(小学館IKKIコミック)
から発生したバンド
「ストラト☆ダンサーズ」
のライブの予定がありまして。

ストラトダンサーズ復活2018-01

私もほんのちょっぴり、
エレキギター演奏をさせてもらう事になりました。
(ストラト☆ダンサーズのリーダー 江上さんのバンドに混じって)

ライブハウスで、人前で、
ちゃんとした曲をエレキギターで演奏するのは
20年ぶりくらい。

先日、1度だけスタジオ練習があったのですが、
アレですね、バンドって・・・
そゃあもう・・・すっごい楽しいですね。

勢い余って急遽、
友人から真新しい エフェクター(音を加工する機械)
のボードを借りて。
それに古い付き合いの80’s機材を並べ、
赤ぁい、赤い線で繋いで
無暗にワクワクしています。

ストラトダンサーズ復活2018-02

(このエフェクターボードは
台湾の
「TRIBUTARY DESIGN」
のものです)

さて。
弾くギターは、自分用に作った
クイントギターVer.006


皆さんイブイブですけど、
この、リーダー江上さん企画のライブは
毎回カオス。
今回も、道山れいんさんの詩朗読、
スイマーズ、スリーメン・・・
サブカル、イカ天好きな方には是非
お越し頂きたいライブです。

よろしくお願いします!


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

New guitar Fes vol.01

Posted by ビータのマツモト on 06.2018 雑記 0 comments 0 trackback
11月10日(土) 18:00~
東京・西荻窪ZiZi Annabelleにて
ライブが催されます。

newguitarfes01

ZiZi Annabelleサイト
TEL:03-6768-4040


以前の記事 「納涼祭」 に、
小学館・IKKIコミック、中川いさみさん著の「ストラト!」 の・・・
・・・と書きましたが、 その流れで今回から

西荻窪ジジアナベルにて、
new guitar(江上英樹さん)主宰
2か月に一度の音楽イベント「New guitar Fes」
がスタートするのでした。

今回のフライヤーを作ったのは、江上さん。

写真は私が撮ったものですが、
まさか縦に使うとは。
私にはこういう使い方は出来ません。
さすが、数々の誌面を編集してきた人。

そしてキャッチの
「新しいギターを持った日を忘れんな。」
がカッコイイ。

前回の納涼祭は、出演者の幅が広くて楽しめましたが
今回も・・・私は普段観る機会の無いベリーダンス(!)とか、
楽しみです。

お時間ある方は、是非。
もちろん、私も観に行きます。


-------------------------
「New guitar Fes Vol.1」
11/10(SAT) 開場17:30 開演18:00
\1,500(+1オーダー)

CAST:
new guitar(江上英樹) with OT
真澄(ベリーダンス)
つるかめ兄弟
スイマーズ
まつもとかなみ
Lambmeros
-------------------------


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

土浦・小林じんこ展・初日

Posted by ビータのマツモト on 02.2018 雑記 0 comments 0 trackback
先日、記事を書きました 「小林じんこ展」、
初日の11/1に、行ってきました。

小林じんこ展サイト

土浦はウチから行きにくいこともあり、
じんこさんにフライヤーをお願いした時と、
フライヤー納品時との弾丸訪問しか事がなく、

その時は街を歩かなかったので、
旅行的な気分が全くありませんでした。


今回、車を停めた駐車場の関係もあり、
まずは城跡を散策。
こんな立派な城が。では土浦の街は城下町か、と、
既に旅行気分。

フラリと商店街に出たら、花の湯?
小林じんこ展-01
覗くと、じんこさんが座ってて、おおおー!でした。

そのメイン会場が気の利いたセットになっていて。
良い意味で、訪問前のイメージとは違くて。

会場の2F展示室は
古い商店街にある店舗の、住居の作り。
狭くて急な階段。
ゴロっとなってマンガ読みたくなる日当たりの良い畳部屋。
80年代半ばには賑わっていただろう商店街、
その頃発表されたマンガ、10代だった自分たちに
想いをハセチックな計らいです。

訪問される方は是非、
「風呂上りの夜空に」コミック1巻、第1話目を
読み返して予習(?)する事をオススメします。

つまり、土浦は「風呂上りの夜空に」の聖地扱い、
個展観覧は聖地を訪れる旅なのでした。


ビータギタラーズのフライヤー原画は
城藤茶店さんに展示。

小林じんこ展-02

このカフェも良い雰囲気。
期間限定メニュー、
「風呂上りのフルーツ牛乳」を戴きました。
小林じんこ展-03

その原画で作ったウチのフライヤー、
在庫がたくさんありますので、
訪れた方は是非、どんどん持って行って下さい。


都合、土浦滞在時間が2時間半程だった
(娘を幼稚園に預けて夫婦揃って強行訪問)
ので、
全ての会場を回ることができなかった事、

そして帰宅後、
会場で配られていた「かめのこジャーナル」
小林じんこ展-04
の充実ぶりと、コミックの読み返し(復習)で、
また訪問したくなりました。


個展の期間は12/28までです。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

本田毅さんライブ・宇都宮ビッグアップル

Posted by ビータのマツモト on 29.2018 雑記 0 comments 0 trackback
昨日、私の地元、宇都宮ビッグアップルで
本田毅さんのソロライブがあって行って来ました。

本田毅さん

本田毅さんのサイト
http://thmaniacs.com/

本田さんはパーソンズのギタリスト。

私は高校生の頃(30年くらい前)から大好きで、
パーソンズはインディーズの1stから
熱心に聴いていました。

当時、ギターマガジンに本田さんの記事が載れば
穴が空く程読み、
本田さんが使ってるのと同じような効果の機材
(デジタル・ディレイっていう
ギターの音を加工する道具(エフェクター))
を買う為に
修学旅行用に親からもらった小遣いを旅先で全く使わずに帰って
楽器屋に直行して買ったり。

大学時代にはバイトして、
本田さんが使ってたアンプを買ったり。
(ローランドのJC。買ったのは55Wだけど)

思えば、
ギターを弾き始めた頃に最も影響を受けました。
(実際は、私は本田さんのような演奏は
全くできないのですが)


昨夜はソロのギターライブ。
オケをバックに、オリジナル曲を本田さんが独りで弾きまくる趣向で、
めくるめく幸せな時間でした。

本田さんの演奏を聴くと
「エレキギターってホンっトにスゲーな!」
と、ビックリしたり惚れ惚れしたり。

そしてその「エレキスゲーなマジで!」の熱というか
そのロマンチックな感じが未だに、
というかそもそも、
私がギターを作る原動力になっているのに
昨夜、今さら気付きました。


そんなライブ後、なんと、
友人の紹介で楽屋に入れてもらい、
本田さんにチラっと挨拶させてもらいました。

宇都宮ビッグアップルは30周年。

私は、そのエフェクターやアンプを買ってた頃、
ビッグアップルとして移転する前の
「ペニーレイン」で高校時代にライブしたり、
一応ビッグアップルでライブさせてもらった事も
あったりで(内容はめちゃくちゃでしたが)。

まさかね、その30年後に
本田さんに挨拶できるなんて。
あのビッグアップルで。

すごい事が起きるなーと思いました。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
 HOME 

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR