FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

専用なコイツ・03

Posted by ビータのマツモト on 03.2012 専用なコイツ 0 comments 0 trackback
不定期で連載しております、
日陰のマニアックな専用工具が登場し、
一般的には、
ぜんぜん役に立たないこのコーナー。

さて本日は・・・


以前、東京のギター作製学校の先生が遊びに来られたとき
いやいや、学校や工場みたいにお金無いから、
たいしたモン使ってないんですよーははは。
と言ったら
や、むしろ、資本力が無いときの知恵みたいなのが知りたい
なんて熱心に言ってくれまして。


その方が「?」と反応してくれたので、
ああ、確かにコレは無いかも、と気づきました。



てわけで、今回はコイツ。

ギター工具

ハンドル違いのコイツも。

ギター工房


木などを削る際、「刃引く」と呼ばれる行為がありまして。

普通に刃で「切る」のではなく、
モノの面に刃を直角っぽく当てて、押したり引いたりして、
「削る」に近い感じの行為です。
(スクレーパーとも言います)


まっすぐな普通のカッターの刃でもやるのですが、
ウチのギターのボディトップの曲面をやりたいとき、
まっすぐ刃ではなかなか。

これがあると、
特に、オッキオ、ミリンジェの「右ツノ」あたりの曲面の整形や
外周に沿った凹みの、バインディング境界あたりの整形に重宝します。



特殊なカンナ(四方反りなど)の身(刃)でもできるのですが、
あまり刃引くと、カンナ本来の使い方をしたいとき
研ぎなおしになるので…。


使い捨てで、
切れなくなったら適当に紙やすりで目立て(研ぎみたいなもの)
ができるので、
学生時代に作ったオッキオのVer:02から使っています。


刃はこんな感じ。

ギター刃物

文房具の、丸いカッターの刃。オルファの折れない刃。
一般的なホームセンターで購入。

オシャレなイタリアン・レストランでピザを頼むと出てくる奴の小型版。
裁縫業界でも同じようなの使ったかも。


大きさが3種類くらいあって、
主に使うのは小(ハンドルが長い方)と中。


元々は刃のまま、指でつまんで使ってたけど、
気づかないうちに指も切れてるので・・・
作るギターが全部レッドになってしまうと困るので。

ハンドルを作ったら、チカラの制御がしやすくなりました。


使い方はこんな感じ。

Guitar-tool-3-4.jpg

左手でシャッターを押したので、
本気で作業してるワケではなく
テキトーなヤラセ写真です。



しかしこうしていると、つくづく、
自分の体もこんなふうに
しゃっしゃか削ってシェイプできたらイイのにと思います。

彫刻家の人とか、そうは思わないのかな。
「それ、腹筋ワァ~レワレ! ・・・って、自分の腹筋なんとかしてえよ!」
とか・・・。



なんだか、途中からマジメに説明しちゃいました。
こういう企画のつもりじゃないのに。
反省反省。

次からもっとテキトーに行きます。


つづく…。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

専用なコイツ・02

Posted by ビータのマツモト on 20.2012 専用なコイツ 0 comments 0 trackback
~専用と言って、日本で「専用」が一番似合うのはシャアさんだと思いますが、


大好評専用工具シリーズの第2弾、
今日のコイツは、コイツです。

ギター作製工房

ボディの形をしつつ、トゲトゲしいトゲがビッシリ。
まるで昔の、西洋の拷問器具のような、
あるいはヘルレイザーて映画などをおもいおこしますね。


どんなふうに拷問するかというと、
いや、
どんなふうに使用するかというと、
ギターの外周に、バインディング(ふちどり)を
接着するときにつかいます。

ギター工具

ほぼ初公開。 
完成品を見たひとの半分くらいは不思議に思う、
うずまき部分のバインディング接着作業。

漫画「ジョジョの奇妙~」の露伴先生のスタンド攻撃で「本」にされたみたいに
4本のバインディング板をバラッバラのまま接着してます。

このときは、内側から「黒」「白」「茶色」に染色した木材(シナの木)、
一番外側に、杢の出た「栃の木」を使いました。


なにしろバラッバラなので、押さえるワケなのですが、

ギター作製方法

ぐりぐりぐりぐりぃぃ~。


拡大すると、

ギター工房

ぐりぐりぐりぐりぃぃ~、と、輪ゴームでぐりぐりします。

つまり今日のコイツの トゲトゲのトゲは、
輪ゴームを引っ掛けるためのモノでした。


で、ぐりぐりの修羅場を通り越して、無事完成すると…

ウッドバインディングギター

ギターウッドバインディング

ギターバインディング

こんな感じに。


そんなこんなで、今日のコイツでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪

専用なコイツ・01

Posted by ビータのマツモト on 27.2011 専用なコイツ 0 comments 0 trackback
ある作業だけにしか使えない道具。


いわゆる「専用工具」。

普通に売ってないゆえ各自で自作することが多く、
よって、工場内でしか通用しない
残念なネーミングを頂くこともシバシバ。
(例:ぐりぐり君 …。)


およそ、
どんなモノを作る工場でも専用工具だらけなのですが、

ドライバー(ネジ回し)や、ペンチやスパナなどと違い、
長い作製工程の中で、
ある一瞬だけ輝きを放つ切なさってゆうんですか、

今日のパーティーはお前がいなきゃ始まらないよっていう、
オンリーユー感覚ってゆうんですか、

つまりそんな奴らを、
とても地味に紹介するコーナーを設けました。



で、今日のコイツ。

ギター工房機材

まるで昔の、西洋の拷問器具のような迫力。

もし冤罪で疑われて、
コイツに取り調べ室でヒザをグリグリされたら、
や、すみません、僕がやったことにしてもイイです但し、
手の甲だったことになりませんかと
言ってしまいそうです。


コイツには仲間が居ます
(仲間の方は、ひっきりなしに使います)。

ギター作製

写真が分かりにくいですね。
まさかこんな文章になるとは思ってなかったので。


用意するのは、ボディの表(左)と、裏(右)

ギターボディ

で、マヨネーズ、ではなく、ボンドを、
お好み焼きみたいにだだーっと。
(この後、ちゃんと筆でキレイに延ばします)

ギター接着剤


今日のコイツが主役級に登場して、よってたかって拘束。 

ギターボディ


ぐりぐりぐりぐり。


外すと、出来上がり~。

ギターボディ加工


そんなこんなで、

たぶんウチ以上の規模のギター工房では見られないほど
原始的で地味な、
ボディの表裏を接着するときにだけ使う

今日のコイツでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
 HOME 

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR