スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

未成年

Posted by ビータのマツモト on 28.2012 雑記 0 comments 0 trackback
先日、知人のツイートで
漫画家の土田世紀さんが亡くなったことを知りました。

がっかりしました。


高校3年の頃
雑誌「宝島」に「未成年」のレビューが載って・・・

未成年

すぐ買って、穴が開くほど読みました。

80年代末、窒息しそうな地方の、
どうしようもない高校生の気分に
とても合ったマンガでした。


土田さんの年齢は私の1つ上(学年は2個上)。
同じ頃に発売されて読んだ村上龍の小説「69」同様、
その時代に、その年齢で出会うことがベストなモノでしたが
土田さんは年齢が近いので、
「未成年」は、よりリアルでした。


こういう事は、
例えば私が、
もっと上の世代の人の当時の話
(フォーク世代や、エレキブームの頃の人たち)
や、もっと若い、
例えば2000年代に10代だった人たち
の話を聞いても、
その時代の、その世代の空気感が
ちゃんと理解できないのと同じで
あまり意味が無さそうだし、

もちろん土田さんに会ったことも無いし、
最近の作品は読んでいませんでしたが、

なんだか今回、がっかりしたのでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR