スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント-シンライン・ギターの作り方-最終回

Posted by ビータのマツモト on 25.2013 クイント・シンラインギター 0 comments 0 trackback
今回で「クイント-シンライン・ギターの作り方」は
最終回です。

今回は「完成の巻」
ではさっそく、その様子を紹介します。

全体写真は
国産シンラインギター
こうなっています。

ヘッドは新型の6連ヘッド。
ギターヘッド

今までの6連ヘッドは
「スタインバーガー製」のを使うことに
していましたが、
これにより一般的なペグが
使用可能になり、
ヘッド(ペグ)の選択肢が増えました。

今回は私の趣味により
ゴトー製オープンバックギアタイプを採用。
ゴトーSE510
(ペグ品番:SES510-M05C HAP)

レトロな外観ですが、
「弦ポスト高さの調整機能」という
モダンな機能が付いており
ウチのコンセプトにも合うと思いました。

今回、ヘッド表面に
ストリングリテイナー
(1~2(3~4)弦の
テンションを調整するためのパーツ)
を付けていませんが
付けることも可能です。

ジャックの位置は
国産エレキギタージャック
「オッキオ」と同じ位置です。
通常の「クイント」は
ピックガードにジャックを付けますが
トップ板(スプルース)の振動を
妨げるような重いパーツを付ける事は
なるべく避けようとしたのです。

以前の記事で
今回の「クイント・シンライン」は
「クイント」と「オッキオ」の
アイノコみたいだと書きました。

ボディの裏も
国産エレキギターパネル
コントロール類をメンテするための
フタがあります。

ボディのトップとバックを貼り合わせるところや
ジャックやフタなどに
アイノコっぽい感じが出ています。

コントロール部分の写真
エレキ木製ノブ
マグネット・ピックアップ
(フロント位置)
リンディP90
の、ボリューム、トーンと、
ピエゾ・ピックアップ
ピエゾブリッジ
(ブリッジのサドル(コマ)に内蔵)
のボリューム、トーン。
それと、
ピックアップを選択する
スイッチ(3Way)です。

そしてボディの側面には
サウンドホール
シンラインギターサウンドホール

という仕様になっています。

もう少し詳しい仕様を、という方は
ビータギタラーズのサイト
をご覧下さい。


今年2月半ばから始めたこの
「クイント-シンライン・ギターの作り方」。
「連載準備号(00号)」を含めると今回で23回目。

大急ぎで連載してきたこのブログは、
今回で最終回となりました。

読んで下さった方、
ありがとうございました。

今回の「シンライン」作製は
私にとって
大きなステップになりました。

今後もクイント・シンラインを作るつもりですし、
他の新作の構想も、色々あります。

今後もお付き合いいただけたら
幸いです。


(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)

ビータギタラーズ・ホームページのアトリエページ
ブログを再編集してまとめた記事もあります。

♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR