FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

ミリンジェ・V3計画-03

Posted by ビータのマツモト on 18.2011 ミリンジェ・V3計画 0 comments 0 trackback
…前回からのつづき。
ミリンジェ・ベースの仕様を決めるところです。


さて前回は
「アーチのボディに平らなブリッジを載せにくい」
と、そんな話でした。


例えば「クイント」のような
上面が平らなボディにすれば
難なくブリッジを付けられますが、

ミリンジェの立体感は表現できません。

アーチトップのベース


それにこの当時、
クイント開発はスタートしていませんでした。


ミリンジェのマッチョームッキムキな立体感を維持しつつ
最高機種っぽく優雅にブリッジを載せるには…。


ところで、
米国リッケンバッカー社の最高機種に
「モデル381」てのがあります。

リッケンバッカー381


このボディ外周には
「ジャーマンカーブ」と呼ばれる
凹状の斜面が形成されていて…

リッケンバッカー381

ジャーマンカーブ


上面は平らになっているのです。


…なんか、
前回から仰々しくブリッジがなんたらと
わざとらしく引っ張りましたが、

ようするにコレで行きます。

381はリッケンでも最高機種だし。
ミリンジェもウチの最高機種だし。


実はこのジャーマンカーブ、
オッキオを設計したときから意識してまして

オッキオ、ミリンジェの造形は
アーチ+ジャーマンカーブ。
そしてジャーマンカーブをスクロールにつなげて
ぐりりんと盛り上げる。

と思っていましたので、

ジャーマンカーブの加工はやったことが無いけど、
今までもやったこと無いことだらけだったが
なんとかこなしてきたし、
今回もなんとかなるだろう、

それに…ぷぷぷ、ついにキタぞジャーマンカーブ。
と、よろこんでしまいました。


ちなみに381は裏もジャーマンカーブですが

リッケンバッカーのジャーマンカーブ


今回のミリンジェはアーチにします。




ところで日本の映画
「虹の女神」で
上野樹里さんと鈴木亜美さんがバイトしてる
CDショップが出てきますが、

このリッケンバッカー381を買ったのは
そのCDショップの楽器部門
(CDショップの道向い)の
コグレ楽器でした。

この映画は栃木県・足利市あたりでロケされたらしく、
もし映画のファンで、栃木県南側に行きやすい方なら
ロケ地を散歩するのもイイかもです。

ちなみに足利の近くの「桐生市」も
「人のセックスを笑うな」
「オリヲン座からの招待状」など
色々な映画のロケ地だそうです。


わき道に反れましたがそんなこんなで、
ミリンジェ・ベースの仕様決めを続けます。


つづく。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/115-6c7a6301

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR