FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ギタースタイル-03

Posted by ビータのマツモト on 04.2011 クイント・ギタースタイル 0 comments 0 trackback
前回の号では
「数本まとめて、そろそろ塗装に入ります」
と書きました。


今回はクイント・ギターのヴァージョン07の
塗装の様子でいってみます。


まずは塗装直前のボディー。

マホガニーギター

アフリカン・マホガニー(2ピース)を使ったボディ。

塗装の前には、紙やすりでジックリ磨きますが
(この工程を「木地調整」と言います)
この状態の木の肌は、
ある意味、塗装された完成品よりも美しいのでした。

木材の磨き作業は奥が深く、
作業に慣れれば熟れるほど
眼が良くなってしまい、
細かいスリキズや木肌のササクレが気になって…、

ハマります。



さて、塗装の作業詳細は昨年の
「クイント物語-31」
で書いているので少し省略し…

ギター塗装

まずは最初の塗装「ウッド・シーラー」を1回。

今回のクイントVer07は、
クイントVer01のような
塗装手法でいきます。

この手法では、塗りつぶし色ながら、
木の肌が解るような質感になります。

イエローギター
クイントVer01


ということで、いきなり着色。
まずは下塗りの白。

ギター塗装作業

そしてオレンジ。

オレンジ色ギター

写真がまったく下手なせいで、
かんじんの色が本物とちょっと違いますが
私としては理想的なオレンジになりました。

マホガニーボディで、
クイントVer01のような塗装手法にすると、
木の導管に塗料が吸われて、
表面がボコボコになります。

(詳しくは「クイント物語-31~32」にあります)

そのボコボコ感が「本物のオレンジっぽい」
と言えなくもないっぽい、
柑橘系っぽい感じです。


さて次回は、
このVer07で「ピックガード着合わせ」をしたいと思います。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/132-1d4ee431

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR