FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント物語-05

Posted by ビータのマツモト on 18.2010 クイント物語 0 comments 0 trackback
…前回からの続き。

あらすじ…
…これは新型ギター「クイント」開発の連載日記で、
前回までは開発コンセプトの話でした。


今回は設計編です。

とはいえ、図面を載せながら説明では解りにくいし、
なにしろまだ作っていないので写真もありません。

ですので、
細かい話はオイオイ、作りながら書くとして、
まずボディの形からいきます。


以前、
ワーゲンのビートル、あるいはミニの「ニューモデル」が出たとき
旧モデルのおもかげを踏まえて、一目でソレと解るフォルムに
わー、うまいなーと感心しました。

せっかくだからウチのニューモデルも、
一目で「ビータんとこのギターだべ」と解るフォルムじゃないとな、
と思い…。



はじめは「オッキオ」の形状をアレンジしよう思いましたが、
色々あって、「ミリンジェ」のスケールダウンで考えました。

ギター設計

ピックガードの線と、
コンターカット(ひじがあたる部分を斜めにカットするところ)の線も
引いてあります。

オッキオにクイント型紙のお面を被せると、こんな感じ。

ギターラインナップ

左がオッキオ、右がミリンジェです。

型紙は三代目。 
前の2つは、遠くから見てバランスが悪かったりしたのでボツ。

にしても、こうして見るとミリンジェはデカイ。


ボディの曲線は、基本的にフリーハンド。
「もっとお尻は丸く」とか「もっとウェストを締める」とか、
ブツブツ言いながら何度も線を引いて消して…
曲線のツジツマをあわせていきます。

なので、ミリンジェのスケールダウンとは言え、
拡大してミリンジェになるかというと、そうでもないと思います。


デザインのときは、
ギターに興味のある人が100人居たら
そのうち、たった1人くらいに「すげーイイ!」と
言ってもらえるあたりを狙い気味。

しかし貴重なファンの方々にだけウケさえすれば幸せです。


今回はピックガードの形状に好き嫌いが出そうですが、
オッキオのピックガードの流れを踏襲し、
スクロールのところは、立体じゃないのに立体に見えそうな雰囲気で
「いかにも感」が出ればと。



お約束的に、ボディスクロールの頂点に石を埋める予定です。
オッキオよりも小さい石ですが…いくら末っ子とはいえ、
ウチの場合コレが無いと盛り上がりません。

例えばアルファロメオのフロントグリルに逆三角形が付いているように、
約束だけは守らないと。



今回も、長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。
次回から、実際に作りながら進めていきます。


つづく。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/15-1347b6b2

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR