スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

東京特許-02

Posted by ビータのマツモト on 21.2011 東京特許 0 comments 0 trackback
さて今日も、特許豆知識を
趣味的に書いてみるのコーナー。


2回目は「これ特許?」。


前回、
「組み合わせで色々考えられるんじゃない?」
と書きまして、
今回は
「おお、これって特許じゃね?」
となったばあいの話です。


特許になるのは、ザックリ言うと
「今までに無かったもの」
かどうかを、特許庁が審査して

「拒絶する理由がねーから特許にしてやるよ」
的な雰囲気で、特許になります。
(拒絶する理由=今までの技術)

ホントは、なんかこう、
「パンパカパーン!
あなたの発明は素晴らしい!
天才っ! 大天才っっ!! きゃーっ!!」
…って、
特許庁に祝福・拍手喝采して欲しいんですけど。
そういうノリじゃないんです。 残念。


とにかく、
て事は、自分のアイディアが
「今まで無かったか」
を調べないといけません。


実は「特許を出願」までは
ある程度、どんなものでも出来ます。

ちなみにギターブランド「ギブソン」の
ピックアップ(弦の振動を電気信号にする部品)に
「PAF(パフ)」と呼ばれるモノがあって、
これは Patent Applied For の略、
意味は「特許出願中」です。

「出願中」ということは
まだ特許になってない、
例えば
受験生が大学に願書を送った状態で、
まだ大学生ではないよ、
みたいな感じです。

品物にわざわざ「出願中」と書くのは
高速道路のオービスの前にある
「取締り中だよ看板」
みたいなもんかもしれません。

捕まってもさ、一応警告しといたぜ、みたいな。


ちょっと反れましたが
大学受験生が勉強するように、
本気で特許にしたいなら
出願前に調査をビッシリやる必要があり、

過去の特許を主に、できれば雑誌や文献まで、
徹底的に歴史の研究をすることになります。

なんかたいへんそうですが、
前回書いた「色々な事を組み合わせる」って
そもそも「色々な事(歴史)」を知らないと
組み合わせられないのでした。


そんなこんなで、つづきます。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/153-b86df633

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR