FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ギタースタイル-09

Posted by ビータのマツモト on 06.2011 クイント・ギタースタイル 0 comments 0 trackback
連続してしまいますが
今日も引き続きクイントVer:06の事です。

とはいえ、
基本の作製記事は昨年連載したので
クイント作製の詳細はそちらに任せ
ポイントをかいつまんで書きます。


今回は「ピックガード」


ギターを始めた頃に、
カッコイイ~と思ったギターは
クラッシュのジョーストラマーさんのギター。

キングオブテレキャスター

左側の、黒い奴です。
(シンコーミュージック
「キングオブテレキャスター」49ページより)

ピックガードを見ると、
元々「白」い奴に、まずグレーを塗って
黒く塗りつぶしてて…
ピッキングでハゲてるのでした。

この、使い古した感じが
たまらなくカッコイイぞ。

ということで、
初めて買ったギターのピックガードも
高校生の時に黒く塗って、
紙ヤスリで削ってみました。

テレキャスター


いまさら同じ事をするのも…ナンですが、
要するに同じ事をしちゃってます。


まずはピックガードと、フロントPUのカバーを用意。

エレキピックガード


ピックガードの素材は
レスポールというギターに使われている
クリーム色のモノ。

この在庫素材は表面がキズキズになってしまって、
お客さん用に使えないモノでした。


塗る「黒」は、ただの黒ではなく、
「縮み塗料(リンクル)」という奴。

リンクルスプレー

バイクのハーレーのエンジンなどにも塗られている耐熱塗料で、
表面に細かいシワが寄ったみたいな質感になります。

耐熱なので、
「ゲームセンターあらし」の「炎のコマ」のような
激しい歯ピッキングにも耐えられる。 ーのハズだ。
(R40)

縮み塗装

ブースでスプレー。
吹いた直後はツルツルのピカピカで
「ホントに縮むのかな」と不安に…。

ハーレーエンジン塗装


けど、うまくいきました。

ピックガード塗装

写真が下手で、イマイチ質感が解らないか…。

今回のボディは漆(うるし)塗りなので
「漆塗りの木部に、ゴツゴツ黒色の鉄の金具」という
昔の和タンスみたいな雰囲気にしたいと思ってました。

漆塗りギター

歳をとると、もっとイイ味わいになるかも。
海外でもウケが良さそうかな。


そんなこんなで、次回は「漆(うるし)塗り」です。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/165-102ef787

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR