スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ギタースタイル-11

Posted by ビータのマツモト on 09.2011 クイント・ギタースタイル 0 comments 0 trackback
今日も
クイントVer:06
のこと。

このギターを人に見てもらうと
なんじゃこりゃ、
と言われる部品が付いてまして
それならいっそ、
採り上げておくことにしました。


このギターには、
「トレモロ・アーム」
(ワーミーバーとか、他にも呼び名はあります)
が付いていますが、その棒の先端が…

ESPトレモロアーム

こうなってます。


このギターのブリッジは
ESP製のフリッカーⅢというもの。

ESPのギター作製学校で私が作った
1年生時の1作目のギターは
テレキャスター・シンライン型で

テレキャスターシンライン

2年生の時にコレを改造しようとして
このブリッジを取り付けたのでした。

改造テレキャスター

シンライン+シンクロトレモロ+ブリッジにピエゾPU
…ってどうよ計画
のつもりでしたが、
オッキオ、ミリンジェの作製が忙しくて未完成。

そうこうしてる間に引越しなどして
完全に作業放棄していましたので
この度、この新古パーツをモギ取って
移植することにしたのです。

ちなみにこのクイントに付けたリアPU(テレキャス型)も
元々このシンラインに付けるつもりで買ってありました。


今回のクイントは
パーツを「木製の雰囲気」に統一しようと考えていたので
棒の先端に何か木製の、例えば
黒檀などの球を付けようと思っていました。

そんなこんなでホームセンターをフラフラしてたら
ゴールDな玉を発見。

トレモロアームバー

チェスト(家具)の引き出しなどに使う「ノブ」が
補修用(製作用?)に単品で売っていたのです。

んん~。
オシャレだ。

コレを付けたらビグスビーのワイヤー・ハンドル
の雰囲気が出せないこともないかもしれない
可能性が無きにしも有らず的だと思われるぞ。


元々のアームは

ESPフリッカーⅢ

こういう、白いブラスチックのキャップが付いてます。

ゴールディー・ボール元端の穴は
4ミリのネジ穴(M4)だったので…

シンクロアーム改造


「タップ」と「ダイス」を用意。
(正確には、各々に専用ハンドルが必要になります)
これらがあると「ねじ山」が作れるのでした。

穴を拡大してタップでM5のネジ山を作り、

ワーミーバー

アームの先端にもダイスでネジ山を…

フリッカーⅢ改造


アームにゴールド・ボールをねじ込むと

シンクロナイズドトレモロ改造

んん。 完成。

フリッカー搭載ギター


アームの太さにもよりますが
(ESPのアームは直径5ミリでした)
応用すると、いろんなのが出来ると思います。

飽きたら、
ノーマルのキャップを被せて元通りになりますし。

ただ、ノブの穴にタップでネジ山を作るときは
グリスを用いて、慎重に作業した方が良いです。

ムリにチカラを入れると、
穴の中でタップが折れて大惨事に…
…ついでにクラフト心も折れます。


そんなこんなでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/168-77118746

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR