スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

さくら市のジャンゴ・フェス

Posted by ビータのマツモト on 16.2012 雑記 0 comments 0 trackback
もう1週間も前になってしまいましたが
2月5日に
栃木県の「さくら市」で催された
「さくら ジャンゴラインハルト フェス 2012」
に行ってきました。

ジャンゴフェス

さくら市というのは、栃木県の中央、
宇都宮よりもちょっと北にある市なので…

んん~ナゼにジャンゴフェス。
超ピンポイントな場所で超マニアックな催しスギる。

…と思われるでしょ。

さくら市には
高野さんという方がやっている
ギター個人工房「ATギターズ」
があって、
ジャンゴが使っていた「セルマー」というギターの
レプリカを作っておられるのです。

今回のフェスは
その高野さんの企画なのでした。


高野さんとは、
私が会社員を辞めてすぐの頃、
(高野さんが工房を始めてすぐの頃)
高野さんの工房に
お邪魔させてもらった事があって、

その後は、
ギター展示会に出品中の高野さんに
ちょっと挨拶する、
という程度の接触しかないのですが…

ジャンゴ・フェスとは…
イキナリ核心でスゴイなあと思いました。


ジャンゴフェスといえば私は
2003年、2004年の夏、
東京で催されたジャンゴフェスに
行った事があります。

東京ジャンゴラインハルトフェスティバル


当時は映画「僕のスウィング」や
「ギター弾きの恋」を観たり、
チャボロシュミットの来日ライブを観たりして
私のジャンゴ熱が絶好調な時期でした。


今でも作業中に
ジャンゴを聴いたりしていますが
当時ほどではなく、
私はセルマーのレプリカは作りませんし
ジャンゴ風の演奏も全くできません。

そんなこともあり、
さくら市でジャンゴフェスって…
と、少々ナメてました。

が、会場に入ったら満席状態でビックリ。
ここは南フランスか!
と思ったのも束の間、

トリの東京ホットクラブバンドって、
前記の、以前東京で催されたジャンゴフェスの
首謀者、浦上さんのバンド…
しかもヴァイオリンは大矢さんじゃないか
って事に気づいて、

てか、おれ昔CD買ったじゃん

ジプシーヴァイオリン

って事をいまさら思い出し、

今回の私のナメた態度と予習不足を
つくづく反省しました。


ライブは
「アフター・ユーブ・ゴーン」
「スウィート・ジョージア・ブラウン」
など、
ジプシースウィングでお馴染みの曲に加え、
トランペットが入った「スターダスト」…
など、聴き応え充分。

特に女性ボーカルが入った
「We Will Meet Again」
は、
すばらしいボーカルに加え、
元々「ザ・バーズ」というバンドの演奏や
映画「博士の異常な愛情」で好きな曲なので、

トリハダものでした。


ライブは予習復習が肝心だな~、
と思った日曜日でした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/210-d357a5ac

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR