スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ギタースタイル-21

Posted by ビータのマツモト on 01.2012 クイント・ギタースタイル 0 comments 0 trackback
引き続き
「クイントVer:004」の、
レザー(革)ピックガードの話です。

前回は、
自分はレザークラフトができないので専門家にお願いする
ってところまででした。


今回お願いしたのは
「Leather craft 流風」さん

以前、システム手帳を作っていただいたことがあり

レザークラフトシステム手帳

オーダー打合わせの誠実な対応・説明、
仕事の丁寧さに感銘を受けていました。


今回のような、
ギターに取り付ける「パーツ」を
他の人にお願いするという、

特に普段お互いに
「設計から完成品まで一人でこなすタイプの人」
が組む、特殊な仕事のときは

「相手に解っていただく」というか、
「後は相手が思う存分に作業するだけ」
というところまで準備すること、
事前にトコトン考えておくことが、
うまく行くコツだと思っていました。

毎度のことながら…
資本に限りがあるので、
初めての冒険であっても
1発勝負で、失敗できません。


まずは専用の型作り。

ピックガード作製

型の型を作ってから、
アルミの薄板で型を作りました。


ギターピックガード

エレキギター・ピックガード作製

この型の表面にレザーを貼るスンポウです。
(ピックガードの裏面は、このアルミ板になっています)

周囲には「かがり(糸で編む細工)」用の穴を明けました。


説明資料を作り、型と一緒に郵送して
何度かメールで作業工程を打ち合わせ。
革の特性なども教えてもらいました。


カービングのデザインは流風さんにお任せ。

デザインのイラストを送っていただき、
一発OKで、作業に入ってもらいました。

ピックアップの穴が空いた
ピックガードの形にデザインを収めるのは
(本人からは聞いていませんが)
たいへんだったんじゃないかと思います。


数ヵ月後、
到着した梱包を解いてびっくり。

レザークラフト・ピックガード

うほー!!
やったぜ!

レザークラフト・カービング

レザークラフト・ギター

レザークラフト・作製


想像以上の出来。
ピックガードの存在感に
ギター本体が負けてしまいそうだ。


パーツを組み込む前は
ピックガードを止めるネジと、ツマミを
ゴールドメッキのモノにしようと考えていましたが

カスタム・エレキギター

ピックガードの良さを殺してしまうと思い、
ネジはブロンズ色に、
ツマミは木製にしました。


このギターが完成した事で、
また1段、なんとなく登った感じになりました。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/226-dfc3d4b2

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR