スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

ミリンジェ・V3計画-28

Posted by ビータのマツモト on 01.2012 ミリンジェ・V3計画 0 comments 0 trackback
ずいぶん間が空いてしまった
ミリンジェ・ベース作製記事。

前回の27号は、1月25日付。
塗装の直前まで進んだところでした。


うっかり5月になってしまった、
ということもあり
今日から気を取り直して続けます。


まずはマスキング。
塗料を塗りたくない部分にテープを貼る作業です。

エレキベース工房

表と・・・

エレキベースカスタム

裏。

スクロールに付いている石(スギライト)も
マスキングします。

パワーズトーンスギライト


専用に作った「塗装用ハンドル」を付けて
片手で持ってみると

エレキベース塗装

重くて、筋肉がプルプル。

私は、右手に塗装ガン、
左手にボディを持って
吹き付け作業をするので
塗装テクニックに加え「筋肉」も必要になります。

とはいえ
ギターの改造は好きだけど
肉体改造は苦手なワタクシ、
今回、そんな大人の事情により
ハンドルを長めに作り、
ハンドルの端を、やや突き出た「おなか(腹)」に当てて
腕の負担を減らせるようにしました。

(なんというか「大きな旗を持って行進する人」
みたいになるように、というか・・・)

メタボを逆手に取った、大人の作戦です。


塗装の始めはコツが掴めませんでしたが
ハンドルの工夫もあり、
次第に大きさと重さに慣れました。


詳しい塗装工程は過去の記事(クイント物語-31号)に任せ、
今回は省略します。

過去の塗装工程の記事


今回の塗装では、木目をそのまま見せるため
着色は無しです。

塗料はいつも通り、
ウッドシーラー、サンジングシーラー、クリアの全てに
ラッカー塗料を使いました。

エレキベース作製

(写真は、サンジングシーラー塗装が終わり、
磨いているところです)


あ、「着色は無し」と書きましたが、
ネックのヘッドの裏だけ・・・

エレキベースヘッド
(着色前)

カスタムベースヘッド
(着色後)

紫色のバーストに着色しました。

ネックに紫色のラインを入れたので、

エレキベースネック
(写真は着色前の状態)

色のツナガリ・統一感も良い具合です。

ネックに紫色のラインを入れた工程の記事


塗装(クリア)が終わり、乾燥に充分時間をかけた後、
耐水ペーパー(#1500)で丁寧に手磨きして、
コンパウンドを使いバフ掛けしてビッカビカになったら、
いよいよパーツの組み込みです。


つづく。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/232-0961d630

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR