スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

奇妙なホラー映画論

Posted by ビータのマツモト on 09.2012 雑記 0 comments 0 trackback
マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の作者
荒木飛呂彦さんの
ホラー映画解説本
「奇妙なホラー映画論」
を読みました。

奇妙なホラー映画論


昨年の秋頃から欲しくて、

普段マンガは中古を買うくせに
なぜかコレは新品の、
しかも初版(もちろんオビ付き)を
どうしても手に入れたくて、

それが置いてある本屋さんを正月頃に見つけましたが、
ある仕事を完遂したら買おうと思ってて
GWまでガマンしちゃっていました。


私は、自分ではホラー映画は見ない方だと思っていて
例えば
「パラノーマル・アクティビティ」
などは、どうにも恐ろしすぎるようで
ゼッタイに見たくない映画だと思っていますが、

本に書かれていた映画は
意外と見ていた、というか

そもそも、荒木さんの「ホラーの定義」に、
「おお、ホラーって、そういう解釈ですか」
と、色々な発見があり、とても面白く読みました。


例えば
私も小学生の頃に震えて見た「ゾンビ(78年、ロメロ監督)」
の解説には、
「ゆるくて、癒される」と書いてあり、
そう言われると、
なんだかもう一度見たくなってしまいます。

「ゾンビ」なんて見たのは30年くらい前。
小学生の頃の、私の定番の「悪夢」は
「学校の2階トイレに立てこもり、
ゾンビになって校庭を徘徊する友だちを見下ろしている」
というものでした。

そうか、ゾンビは癒されるのか・・・。

でも、荒木さんが本についてインタビューされている動画
の方が、癒されると思うんだけど・・・。


そんなGWでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/233-e46937cd

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR