スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

予告編

Posted by ビータのマツモト on 15.2012 雑記 0 comments 0 trackback
映画のレンタルDVDを再生すると
本編の前に、
他の映画の予告編が入っていることが、
よくある。

実はソレも映画DVDの楽しみの一つで、
予告編だけで感動しちゃったり、
おお、コレは観たい!と思えばメモを取るし、
予告として入っている映画をすでに観ているなら
その映画を観た時代、
自分がどんな事をしていたかまで
思いをハセることもできるのだ。


ところで先日、NHK「仕事の流儀」のDVD
漫画家・浦沢直樹さんの回を観たら、

「どうやって物語を思いつくのか」
という質問に対して、

「考え抜くと、まるで映画の予告編みたいに、
ブツ切りのシーンが見える。」

と、だいたいこういう意味の事を言ってて、

ああ、ビジョンというものを表すのに
そういう的確な表現があるのかと、
ものすごくびっくりしました。


私の持っているギターブランドの予告編(ビジョン)は
とてもショボイものだけど、少しずつ・・・

例えば数年前からカレンダーを作るシーンを見てて
去年、ようやくギリギリなんとかなった、
みたいに、
たいていは遅々として進まずイラつくのですが、
あまりイラついてもしょうがないので、
少しずつ「本編」に繋がればイイと思っています。


ちなみに映画の予告編なら、
「バッファロー'66」が好きです。

特にヴィンセント・ギャロが編集した予告編。

もしも、ウチのギターのPVを作るなら
こんな風になったら最高なのによ・・・

なんて妄想してます。

そんなこんなでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/234-527bdc4f

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR