スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

コレ経費で

Posted by ビータのマツモト on 30.2012 ギター本、写真集 0 comments 0 trackback
春は一番好きな季節だけど、
税金などの「希望の無い出費」コンボを喰らってしまうので
せっかくの春先小紅な気分が台無しになる。

どうせお金を払うなら、ワクワクしたいのだ。


そんな反動もあり、買ってしまいました。

VOTOMS-1.jpg

どがーん。

ええと・・・簡単に説明しますと・・・、
イイ歳こいて、
ロボットのプラモデルの作例集(本)です。


小学校の3年生くらいのときからプラモが好きで
コルセアや雷電(飛行機)
シャーマンやチェロキー(戦車)
ミウラやデトマソパンテーラ(クルマ)
など・・・

そして小学校の高学年頃にはガンダムのプラモが流行り、
当然ハマりました。


その影響は大きく、
たぶん、そんな経験が無ければ
いま、ギターを造って無いかもってくらいです。


その頃、
模型の本で知ったのが「汚し塗装」というモノで
「ロボットが実際に使われたら
こんなふうに塗装が剥げるよね」
みたいな塗り方で

フェンダー・カスタムショップなどが出している
「レリック仕上げ」
を見たときは
80年代の日本の小学生はみんなやってたべ、ザクによぉ
と思いましたし、

レリックを邪道とも思いませんでした。

現実には存在しないロボットが、
実際にあったらこう汚れるだろう、
なんてことをしてたので

レリックのギターは、使い古した本物とは別の
芸術的な表現だ、と思える免疫を持っていたのです。


高校入学と同時にギターを始めたので
それからはプラモを全く作っていませんが、

この本、塗装や工作の事が、
ギター作製の参考にスッゴイなりますよ。
(断言)


それと、この本に書かれている作製の記事は
とってもわかりやすいし、ワクワクするので、
私がブログで連載しているギター作製・開発記事を書く上で
写真の撮り方、工程の説明の仕方などなど・・・
つまり、トッテモ参考になりますよ。
(断言)

VOTOMS-2.jpg

そんなこんなで
この本は、間違いなく、経費でイケルであろうと、
確信するものであります。


ちなみにガンダムは最初のシリーズしか知らないし
ガンダムプラモは、あんまし興味が無く・・・
当時たくさんあった他のロボットアニメも
ほぼ興味がありません。

今回買った「ボトムズ」ってのは特別です。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/240-d9351b8a

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR