FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント物語-12

Posted by ビータのマツモト on 02.2010 クイント物語 0 comments 0 trackback
今回も引き続きクイント開発日記、
ネック加工編の3回目。


前回、
ネックの反りを調整するための「トラス・ロッド」という棒を埋める溝を掘りました。


さて、ウチで使っているトラス・ロッドはこういうもので
ギタートラスロッド
ネックが弦に引っ張られて礼儀正しく「おじぎ」しても
逆に、偉そうにそっくり返っても調整ができる、
2本の棒をマトメたものです。

実際にネックを調整するときは
「六角レンチ」
ギター調整レンチ
っていう、断面が六角形になっているL字の棒を使いますが…

このサイズ、米国でお得意のインチ単位で
「1/8インチ」
というものなのです。

むう…。


1インチは、25.4ミリ。
つまり、1/8インチは、約3.2ミリ…。

最小単位が25.4ミリだなんて、
あんたの国は、どんだけビッグカントリーだよ、
と突っ込みたくなるし、

実際、ギターを作ってるときはいつも独り言で突っ込んでるし、

日本製のガンダムだって、いまどき
身長「約59.4尺(しゃく)」とか言わないよね、
(1尺=約0.303メートル)

と、小言も言いたくなります。


元々ギターは「アッチ」のモノなので
インチ単位を使ってるのはしょうがないのですが、

私が作る時ならともかく、お客さんが調整するときに
インチ試練をお願いするのは
ジャパン的にどうかとも思っていました。

(ちなみに弦の「09」とかってのは
0.009インチ(約0.23ミリ)のことです)


さて、
円高に乗じて先日、米国からパーツを取り寄せたのですが…

知らないあいだに…

トラス・ロッドの規格が変更されていました。
ネジ規格
(六角レンチを突っ込む穴の拡大写真)

右が旧型の「1/8インチ」
左が新型の「4ミリ」

…。
なんで今さら。 ミリ…。


ウチは新品お買い上げの方にレンチを付属させていますが…
インチ規格ギター
1/8インチのレンチ、在庫を抱えてますぞ。

今作ってるクイントやオッキオなどは1/8なので、まあイイけど。


こうして歴史が…

後世のギター鑑定士さんは
お、このクイント、1/8インチ穴のロッド使ってるぞ、
「本物の試作品」だ。
と…。

なるわけないか。



今回も長文にお付き合いいただき、
ありがとうございます。

次回もネック編です。

つづく~。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/25-4f9be550

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR