FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント物語-14

Posted by ビータのマツモト on 07.2010 クイント物語 0 comments 0 trackback
さて、
今回も引き続きクイント開発日記、
ネック加工編の5回目。


こうして長々と書いていると、
なんだか、ギター作るのってさ、
めんどくせーよな。 いつんなったら終わるんだ。
とか、
ついうっかり、うっかり自分でも思ってしまいそうでコワイ。



前回、
さらりとヘッドの整形を書いてしまいました。

書き忘れましたが、クイントのヘッドは、
いつも作っている「オッキオ」のヘッドよりも
ずいぶん手間を省略しています。


例えばオッキオのヘッドの表面には
「突き板」という板が接着してあります。
ギターヘッド
わかりにくいけど、ヘッドに板を接着中の写真。
エイリアンの幼虫が顔に張り付いてるみたいに見えるので
この工程の写真って好きです。


ローズウッドヘッドギター
接着後。

たいてい、メイプル、エボニー、ローズウッドなどの
比較的、硬い木を接着するので、
ヘッドの強度(重量も少々)が増します。

このヘッドはクイントと同じ、ペグが6つ並ぶタイプですが
ぐるぐるのフチドリを巻く「3:3ヘッド」は
さらに数日かかります。


ギターヘッド
ヘッド裏の写真。

オッキオは裏にも0.5ミリくらいの
化粧板を接着します。

ヘッドの裏は、一部が曲面になっているので、
板をあらかじめアイロンで曲げておく、など
余計に手間がかかります。


クイントはいろいろなところがラクなのですが
だからと言ってオッキオを作るのがイヤという気分でもなく、
どちらにも、
それぞれロマンチックな部分(笑)があります。



…脱線しました。
クイントのネックに戻します。


前回の予告通り、指板の接着。
ギター指板
まず接着の準備。
ネックの真ん中にロッドを仕込み、
その上にテープ(黄色の奴)を貼っておき、
接着剤を塗ったらテープをはがして指板を接着します。


ギター指板接着
指板の上に「添え木」を置いて、クランプでグリグリ。

指板の中心線と、ネックの中心線が一致するよう
気をつけるのがなかなか難しい。

接着剤が多いと、クランプで押さえるとき
ヌルヌルと指板が動いてしまうので
接着剤の量や濃度を調整したりします。


ギター作りは「ぜったい失敗したらダメ」な作業の連続ですが
接着作業もそうで、けっこう緊張したりします。


ギターネック加工
今回は盛大に、3本まとめて接着。
あやうくクランプが足りなくなるところでした。



今回もマニアックな長文になってしまいました。
お付き合いいただき、ありがとうございます。

次回もまだネック編です。


つづく。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/27-2675178e

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR