FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

夏の工作・ステンドグラスーその2

Posted by ビータのマツモト on 11.2012 雑記 0 comments 0 trackback
前回に続いて
ステンドグラス工作の2回目です。

うっかり書き忘れましたが
今回作るのは「コースター」。

・・・正直、ステンドグラス的には
まったく無理やりなテーマですが、
今回はむしろ、
「とりあえず作ってみる」がテーマ。

だいたいモノ作りに、
そんな乱暴なテーマは無いけど、
完成後、窓に吊り下げたり
インテリアにしてもまあイイか、
という雰囲気で進みます。


前回は「おはじき」に銅のテープを巻いたところまで。

まず、それを裏向きにして、六角形に置いてみます。

stained-glass-B01.jpg

動かないように、
割り箸で押さえることにしました。

いかにもテキトーだけど、実験には充分。

テープで割り箸を止めて

stained-glass-B02.jpg

まず、
おはじき同士が接触しているポイントを
ハンダで止めていきます。

stained-glass-B03.jpg

stained-glass-B04.jpg

銅のテープを「おはじき」の外周に巻いた理由は、
ハンダがくっつくようにするためでした。

ポイントが止まったら、
銅テープ全面にベッタリとハンダを溶かして
塗りたくります。

いつものエレキ配線では、
なるべくハンダの量が少なくなるよう気を付けるけど、
今回は、
悪夢のようなハンダ祭りです。


でも、専用のハンダを買うのをケチって
ウチに余ってた「電子配線用のハンダ」を使ったら
ハンダに含まれているヤニがイヤな感じに・・・。

表側をハンダする前に心を入れ替え、
ステンドグラス専用のハンダと
ハンダを黒く仕上げる「パティーナ」という薬品を買いました。

stained-glass-B05.jpg

このパティーナという薬品は
どういうわけか
買うときに免許証とハンコが必要でしたが、
いったいどんな劇物なのか、
さっぱり分りません。

とにかく表側もハンダを溶かしまくって
塗りたくった後、
その薬品を綿棒でゴシゴシ付けると

stained-glass-B06.jpg

ハンダが黒く変色して、イイ雰囲気に。

stained-glass-B07.jpg

完成~!
納涼~!

これを基に極めると

stained-glass-B08.jpg

こういうのが、できるようになるかもしれません。

という、夏の工作日記でした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/271-64aaf596

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR