FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ベース1st-12

Posted by ビータのマツモト on 08.2012 クイント・ベース1st 0 comments 0 trackback
引き続きエレキベース、
クイント・ベース開発記。

前回はボディにチョイとひと手間の巻で、
ブリッジの下にメイプルのブロックを埋めました。

今回はピックガード作製の巻です。


ギター、ベースの場合、
ピックガードが付くかどうかで
見た目の印象がガラリと変わります。

ボディの曲線に、ピックガードの形がどう絡むか・・・。
デザインしがいのある、面白いところです。


まず、
ピックガード素材(下敷きみたいな樹脂の板)を、
テンプレートを使って成形します。

エレキベース・ピックガード作製

右側がテンプレート、左が成形したピックガード。

模様は「赤ベッコウ柄」というモノで、
本物のベッコウ(亀の甲羅)ではありません。

この他、ベッコウ柄には、もっと茶色っぽいのもあります。
(クイントVer01に使用)

昔は、黄色っぽいベッコウ柄もありました。


こんな柄のプラスチックなんて、
ギターの他に使われているのでしょうか。
メガネのツルとかにあるのかな・・・?

ベッコウ柄とはいえ、
本物のベッコウってこんな模様じゃないし、
そもそも亀から、こんなに大きな1枚板は取れないと思います。

そう考えると妙に、
そんな、昔から受け継がれたエレキギターの世界観に
粋なオシャレを感じます。


仮にボディに載せてみると・・・

エレキベース開発

白っぽい木肌に、赤ベッコウが冴えますな。

設計の回にも書きましたが
ボディ・ラインとのシンクロ具合も
我ながらイイと思います。

クイント・ギターの時は、
ブリッジとの兼ね合いなどを気にしてデザインしましたが
(設計編)

ベースの場合、ブリッジがピックガードから離れている分
自由なラインを引けるのです。


今回搭載するピックアップは
セイモア・ダンカン社のスティングレータイプ・SMB4Aを1つ。

ダンカン・ベースピックアップ

とりあえず今回のピックアップはこうしましたが、
他のピックアップ(プレシジョンやジャズベースタイプなど)
でも搭載できます。


ボディにピックアップを埋める穴を掘り、

エレキベース作製

同様に、ピックガードにも穴を明けて
ネックとピックガードを仮置きすると・・・

エレキベース工房

完成の姿に近くなりました。
んん~。イイ感じ。


ボリュームなどのツマミを位置を決めてマーキングし、

エレキベースピックガード

穴を明けて、ピックガードは完成です。


こんな感じで、今日はココまで。

次回は「ボディのコンターカット加工など」です。


(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/281-6a9278d6

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR