FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ベース1st-16

Posted by ビータのマツモト on 05.2012 クイント・ベース1st 0 comments 0 trackback
引き続きエレキベース、クイント・ベース開発記。

先日のブログ記事で完成写真を先行UPしてしまいましたが
開発記事は今まで通り、地味に進めます。


前回はボディとネックのジョイントの巻でした。
今回はネックの作業に戻り
フレット打ち込み~塗装準備の巻です。


さて、そのフレットを打つ前に
指板を削って、適切な形に成形します。

指板の長さ方向は直線であって、
それに対して横方向(フレットの長さ方向)は
約305R(12インチのR)の曲線
の面に成形するのです。

(指板成形の詳しい記事は「ミリンジェ・V3計画-17
をご参照下さい)


ギターよりもベースの方が長いので少々難しいのですが、
コツを掴むと、
どの部分をどれだけ削れば良い、
というところが見えてきます。

フレットを用意して・・・

bass-fret-01.jpg

bass-fret-02.jpg

最終フレット(今回は24)から
打ち込んでいきます。

bass-fret-03.jpg

その理由は、
最終フレットのあたりは、
ネックの裏が平面(ボディに勘合する部分)になっていて、
フレットを打ちやすいから。

どんなことでも、
まずは失敗しにくい所から始めてみると
全体的にミスが出にくいとおもいます。


フレット打ち作業の詳しい段取りに関しては
以前書いた「クイント物語-28

にありますので、
お時間があったらご参照ください。

ナットも付けて・・・

bass-fret-04.jpg

これでOK。

次に塗装の準備。
塗料が入って欲しくない部分に
テープを貼ってマスキングします。

bass-fret-05.jpg
(写真は、作業途中の状態です)

ボディも同様に・・・

bass-fret-06.jpg

この段階では、
コントロール/ピックアップのキャビティに
マスキングしていませんが
塗装工程が進んだら、マスキングします。

塗装用のハンドルを付けて

bass-fret-07.jpg

準備オッケー!

というわけで、次回から塗装シーズンに入ります。


(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/294-4dfd75b3

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR