スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

ヤマハTHR-10…その2

Posted by ビータのマツモト on 11.2012 電子工作 4 comments 0 trackback
そんなこんなで我が家に到着直後、
分解しちゃったヤマハのアンプTHR10。

YAMAHA-THR10-04.jpg

音が気に入らなかった訳ではなく、
むしろ、イコライザー(高・中・低音の調整)の効きが
私のイメージするギターアンプのそれよりも
遥かに良くて(オーディオっぽい?)
びっくりしたくらいなのですが、

ホントの事を言うと、あまりに早くイジッテしまった為、
元々の音を覚えていません。

誰か、同じのを持っている人にお借りして
効果を確かめたいくらいです。


このアンプの素晴らしさ、特にPCを使った設定変更の面白さは
他の人のホームページに譲るとして、
こちらは番外編として読んでいただければと思います。


前回も書きましたが、
今回の記事に限っては、私の趣味の改造です。
(改造と言っていますが、実際は大したことありません)

もし同じ事をして、音が出なくなっちゃったりしても、
もちろんヤマハさんの保証対象外だと思いますので
よろしくおねがいします。



内部は2重構造になっていて、
スピーカーは、プラスチックのキャビネットに納まっています。

まずは、スピーカーの線を交換。

YAMAHA-THR10-05.jpg

線はグルーで止められていますが、突破します。
少々不安ですが、こういうときは
陣内さんの「ロッカーズ」も
非常線をブチ破れ、と歌っていた事を思い出すことにしています。

線は、ベルデンとブラックロジウムを使いました。

しかし今回は、基盤への接続部分のコネクターをそのまま使い
コネクターから15ミリ程度残して線を切って繋いだので
本当の意味での、「線の交換」では無いと思います。

基盤は全くイジリません。
むしろ、パーツを落として変なショートとか汚れが付かないように
作業中は布で覆っていました。


主に手を入れるのは、キャビネット。

YAMAHA-THR10-06.jpg

開けるとこうなっています。
バスレフ型で、低音用のダクト付き。

オーディオスピーカーみたい。

最近のギターアンプって、みんなこうなっているのでしょうか。
ウチにある他のギターアンプは、
昔ながらの背面開放型(コンボアンプ)です。


このキャビネットの剛性を上げるのが、今回の改造です。

ホームセンターで、テープ糊付きの鉛板を買ってきて・・・

YAMAHA-THR10-07.jpg

ひたすら貼り付けます。

YAMAHA-THR10-08.jpg

YAMAHA-THR10-09.jpg

外側も・・・

YAMAHA-THR10-10.jpg
貼る前

YAMAHA-THR10-11.jpg
貼った後

ううむ。 重い。

クルマのオーディオの、
ドアに付いているスピーカーのチューニングで
同じような手法があります。
(デッドニングというらしい)


その後、ホームセンターでテープ糊付きフェルト
(家具の足に貼ったりするもの)
を買ってきて

YAMAHA-THR10-12.jpg

鉛の上に貼り付けて完成。

YAMAHA-THR10-13.jpg

オーディオスピーカーの場合、
グラスウールを詰めたりするらしいですが、
箱の容量や費用などの関係で、フェルトにしました。

そおっと組み立てて、完成。

次回は最終回です。

つづく。


(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

THR10の音に物足りなさを感じ、改造を考えていたところここにたどり着きました。デッドニングの効果はいかがでした?
2015.02.22 20:27 | URL | chee #- [edit]
コメントありがとうございます。デッドニングの効果、ですが・・・本文にも書いてありますが、実は、入手早々にやってしまいまして・・・さらに、デッドニング後にようやく、PCに繋いでセッティングを変える事を覚えまして・・・ノーマル品との比較、つまりどれだけ効果があったかは、よくわかんないのが正直なところです。できればもう一台ノーマル品を用意して、同じセッティングにして弾いてみたいのです。参考にならなくてごめんなさい。
2015.02.22 22:37 | URL | ビータのマツモト #- [edit]
ちょっとお尋ねします。
THR10のLINE-OUT(phone出力)よりPAに入れて、本番で使っています。
マイクシュミレータなどの音がいいので。
それで、phoneに接続すると、当然スピーカーからの音が切れてしまうのですが、これが切れないようにできないかと思います。それができるとモニターとして使えるのです。
お知恵を頂けませんでしょうか。
宜しくお願いします。
2015.07.01 19:31 | URL | miyata #- [edit]
コメントありがとうございます。
しかし、私にもどうしたら良いかわかりません。
お力になれず、ごめんなさい。
2015.07.01 23:53 | URL | ビータのマツモト #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/300-642d1d3c

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR