スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

ヤマハTHR-10…その3

Posted by ビータのマツモト on 13.2012 電子工作 0 comments 0 trackback
前回からの続き、
頂き物を無法にも改造してしまう
ヤマハのキュートなミニアンプ・THR10の記事。

今回は最終回です。


前回までで、主な改修作業が終わりました。

どうせなら外観にもヒト手間。
ツマミを交換してみました。

YAMAHA-THR10-14.jpg

ウチのクイントでも使っている
古いフェンダーアンプタイプのツマミです。
これで、より昔のラジオみたいな印象に。

左端のツマミだけは、ちょっと場違いなゴールドなモノにしました。
このツマミは、ヤマハのギター「ブルージーン・モデル」の純正モノです。

95年頃、そのギターの「トゥルーレプリカ」というのが出て
つい、買ってしまいました。
そのとき、「うわ、このツマミ、カッコイイ!」と思って
楽器屋さんに取り寄せてもらったのが残っていたのです。

ヤマハ繋がりだし、他に使う場所も無いので。
ついでに言うと、
昔乗っていたオートバイもヤマハ(2stの250cc)でした。


さて、
このアンプのイキなところは、
電源を投入すると、内部のLEDがホンワカ光って、
真空管アンプっぽい雰囲気になることです。

YAMAHA-THR10-15.jpg
部屋が明るいと解りにくいですが…

YAMAHA-THR10-16.jpg
暗くすると、こんなにムーディー。

ま、こんなムーディーで弾くこと無いんですけど…。

レトロなルックスといい、仕掛けといい、
値段といい(払ってないけど)、
心をつかまれっぱなしです。


もうひとつ良いところは、
ステレオの外部入力を持っていること。

昔、宅録で遊んでいたときに買ってあった
リズムマシンを引っ張り出して…

YAMAHA-THR10-17.jpg

接続するステレオ・ケーブル(ベルデン8412)を自作し、
YAMAHA-THR10-18.jpg
(アンプ側のジャックは、ミニ・タイプです)

接続。

すると、1つのアンプで
リズムマシンを鳴らしながらギターを弾けるのでした。

ギターとは系統が分かれているので、
ギターの音を歪ませても、リズムマシンの音はそのままで、
各々、音量の調整ができます。

YAMAHA-THR10-19.jpg

というわけで、今まで一人でチマチマ弾いていたところに
ドラムが入りました。

YAMAHA-THR10-20.jpg

コレがスッゴイうれしい。

ギターだけでは退屈なフレーズ遊びも
ドラムが加わると永遠と遊べるような気になります。
やっぱり、モデルガンじゃなくてよかった。

そんなこんなで、頂き物のアンプを
調子に乗ってイジッてしまう日記は
これで終わりです。

今後、このアンプは展示会などで活躍させようとおもっています。
また、ウチに遊びに来ていただけたら試し弾きできます。


(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/301-3ef2faa1

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR