FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

邦楽器づくりの匠たち

Posted by ビータのマツモト on 12.2013 ギター本、写真集 0 comments 0 trackback
会社を辞めて楽器をやろうと思った9年ほど前、
ギター作製学校に入る前に、
ちょっとは勉強しておこうと思って買った本がいくつかあります。

今回紹介するのはその頃に買った本。

「邦楽器づくりの匠たち」
Japan-musical-instrument.jpg
ISBN4-636-20351-8  \1,800


「楽器を作るための本」や
「楽器を作っている人にスポットを当てた本」
は、世の本の数からすると、割りと少ないようです。

この本は邦楽器…笛、太鼓、三味線など…
を作っている人と演奏者へのインタビューをまとめた本。

一見、ギター作製とは無関係っぽいですが、
「独りで素材から完成まで作る」ということ、その考え方などなど、
色々と面白く読めます。

ギターが作れるようになる前は
実感が沸かなかった事も、
たまに本のことを思い出して読み返すたびに、
自分の現状に応じて、色々と深いところまで感じるように
なってきました。

特に面白いのは「琴(こと)」作成者の項。
パーツまで造る人で、自分で象牙細工までするようなのだが、
一つづつの仕事のレベルを
専門職に負けないくらいまで高めて行こうとする姿が
カッコイイ。


ギター作りも、ちょっと大きいところでは分業で、
独りでやろうとすると設計、木工、塗装など
覚えることは山ほどある。

さらに写真やホームページ作製、営業的な事など
何人分もやらなければいけないのだけど、
むむー、なんだかなーと思ったとき、
この本を読むと、なんだかスッキリするのでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/308-b86a8d53

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR