スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント・ベース1st-20(最終回)

Posted by ビータのマツモト on 05.2013 クイント・ベース1st 0 comments 0 trackback
去年の6月から連載したこの記事も
ついに今回で最終回になりました。

この最終回を迎える前に、サイトのトップ
モデルさんと一緒に写っている写真が出たり、
フライヤーを作ったりして、
ブログだけ残ってしまった感じでした。


さっそくですが、まず全体の写真
making-bass-complete-01.jpg

ボディ部分
making-bass-complete-02.jpg

making-bass-complete-03.jpg
形は「クイント・ギター」を基にしていますが、
ベース用に新しく設計しなおしています。

着色無しの木目ボディに、赤ベッコウピックガード、ゴールドパーツが映えます。
ボディ色・ピックガードなどは他のギター同様、オーダーに応えられます。

お約束のスクロール部分
making-bass-complete-04.jpg
楽器の性能に全く関係ない部分ですが
ウチの楽器のアイデンティティでもあります。

ピックアップ、コントロール部分
making-bass-complete-05.jpg
今回は、「プリアンプ」を内蔵するつもりだったので、
解り易い例として、
スティングレータイプのハムバッカーピックアップを使いましたが、
プレシジョンベース、ジャズベースなどのピックアップや
プリアンプを内蔵しない仕様でも作成可能です。


ボディ背面
making-bass-complete-06.jpg
2ピースのアッシュ材に、電池ボックス(黒い四角)が見えます。
特に背面は、アッシュ材の木目がキレイに見えます。

ボディ背面
making-bass-complete-07.jpg
ボディ材は、アッシュの他に、アルダー、マホガニーなどの定番や、
入手可能であれば、他の材料でも作れます。

ヘッド表
making-bass-complete-08.jpg
今回のヘッド形状は、ウチでは久しぶりの新型です。
斜めから見ると、割と肉厚な立体感が味わえます。

ヘッド裏
making-bass-complete-09.jpg
ネック(グリップ)とヘッドの繋がり部分は、
強度を考慮して、肉厚になっています。

ボディ・ネックの接合部分
making-bass-complete-10.jpg
24フレット仕様とし、接合部はボディに深く接触するようにしました。
「木ネジ」ではなく「ボルト×ナット」を、
6本使って接合しています。


そしてようやく、
サイトに「クイント・ベース001」として掲載しました。
併せてご覧いただけたらうれしいです。

詳細ページ

壁紙ページ


新型エレキベース開発も、
なんとかここまで漕ぎ着きました。
ここまで付き合っていただき、
ありがとうございました。

完成後、ウチに遊びに来られた方々に試奏してもらったところ、
おおむね良好なコメントを頂いています。

さて、
作製の連載の最終回を迎えるときはいつも
肩の荷が半分降りて、
あと半分は次の連載が乗ってくる感じです。


次回の連載は
「クイント・シンラインギター」
です。

請うご期待で、よろしくおねがいします。


(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/314-4e20f70b

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR