FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント-シンライン・ギターの作り方-16

Posted by ビータのマツモト on 16.2013 クイント・シンラインギター 0 comments 0 trackback
引き続き
クイント-シンライン・ギターの作り方
です。

前回は、ボディ内部の塗装をしました。
今回はいよいよボディトップ・バックを接着して
箱にします。

まずは接着の準備。
シンラインギター

中心に据える大型のクランプ、
外周に配置するクランプなどを
用意します。

接着剤を塗る前に
何度も予行演習してから・・・
シンラインボディ作り方
接着剤(米国製「タイトボンド」)を
マヨネーズみたいに
どどーっと。

水を含ませたフデで
ちょうどイイ濃度になるように
薄めながら伸ばしていきます。
シンラインギター作り方

トップ板をそっと置き、
5ミリくらの振幅でグリグリ動かして
両者の接着面を馴染ませてから
大型クランプに潜らせます。
ギターボディ接着

接着剤が乾かないうちに
慎重に位置合わせ。
シンラインギター作製

トップ・バックのお互いの中心線が
完全に合致することを確認しながら
大型クランプを少しづつ締めます。

外周も
シンラインギターボディ

隙間無くクランプで埋めれば
作業終了です。

うちの「オッキオ」を作るときも
同じ作業をします。
(参考:ビータPCサイト、オッキオギターの作り方

ということで、
ようやく箱になりました。

次回は「裏フタ」の加工です。

つづく。

(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)

ビータギタラーズ・ホームページのアトリエページ
ブログを再編集してまとめた記事もあります。

♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/340-78f069d6

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR