スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

エキストラー

Posted by ビータのマツモト on 23.2013 雑記 0 comments 0 trackback
先日、月曜日から始まった
TBSの「変身インタビュアーの憂鬱」

に、エキストラ参加しました。

かみさんがシャレで地元のフィルムコミッションから
そういう募集が来るように設定してて、

たいてい募集があっても、
へー鬼怒川でユケムリ殺人っぽいね、
とか、ほーとか、ふーんとかで済ますんですが、

今回は三木聡監督で、
しかもロケ地はウチから1駅の隣町、車で5分だ!
ぎょえー!!
これはためしに応募してみよう
ということになったのです。

うちは揃って三木聡監督のファンで、
映画DVDなどは、本編鑑賞後、
特典のメイキングを見たり
副音声付で見直したりして楽しんでます。


エキストラ参加は二人とも初めて。

他に参加してた人と話したら
役者さん目当てとか、
人によっては「趣味=エキストラ。監督ってどの人?」
みたいな感じで、へー、と思いました。

映画だったら、監督で見ると思うけど
(日本だったら宮崎駿さんとか、
海外だったらスピルバーグとか)
ドラマってそうなのかも。

ちなみに我々、
申し訳ないけど主役の2人はサッパリ知らず、
今まで三木監督作品に出てた
松重さん、光石さんにのみ
うおおおおー!!と激しく反応。

そもそも現場で浮き気味のエキストラ集団から
さらに浮上気味でした。


撮影現場は、
メイキングなどでなんとなくこうだろうと思っていたものの、
まずスタッフが多くてびっくり。

そしてそのスタッフ全員が状況を把握してて、
各々、次にどう動くかを自分で考えてるようで
その充実感たるや
なかなかこういう職場って無いよなーと・・・、

それと、私は会社員を辞めてから
もう何年もチーム仕事をしていないので
ちょっとうらやましくも思いました。


エキストラには台本が配られないので
ポツーンとしちゃいます。
そういう指示待ち状態も久しぶりの体験。

以前、村上龍の「映画小説集」を読んだら
映画「地獄の黙示録」のロケ見学体験について
「撮影が充実しいてると、部外者は疎外感を味わう」
という意味の事が書いてあったのを
思い出しました。


エキストラ参加は色々刺激的でしたが
今回みたいな巡り合わせが無い限り、
もう行かなくてイイかなーと思いました。

いや、もしタランティーノがゾンビ映画作るんなら
ゾンビ役やりたいかも。
あーっあーっ・・・て歩く、どうでもイイ役。


放送前に書くとルール違反なのかなー
と思って今まで書かなかったんですが・・・
泉と石段のシーンは、ウチの地元みたいです。

ということで、
実家で全部録画してもらうことにして、
1回目の先日は、かみさんの実家で見ました。

次回の放送も楽しみ。
そんなこんなでした。

♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/383-0638a30e

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR