FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

ウクレレ番外編-06

Posted by ビータのマツモト on 24.2013 ウクレレ作成記 0 comments 0 trackback
ウクレレ作成記、6回目はサウンドホール装飾編です。


まずは表板に使うスプルースを切り出し。
ウクレレ・サウンドホール-01

ギター用に購入していたスプルースを使いました。
ギターでは、前回書いた方法で
2枚の板を真ん中で接着して作りますが、
ウクレレのボディは小さいので
その片側1枚で間に合ってしまいます。

つまり、表板は接着無しで作りました。


さて、以前書きましたが、
サウンドホールの装飾は、ヘッド、ブリッジ同様
ちょっとだけ主張できる部分というか
多少は好きにできる部分です。

製図した時には、
まあ3重くらいのリングでイイかな、作るときに考えよう
という程度だったのですが、
ボディ、特にサイド板を曲げたあたりから
せっかくだから面白いのを作ろうと
欲が出てきました。

んー・・・と考え、
今年はアールヌーボーを調べたりして
なんかバリバリに装飾したい、
なんか植物の感じがイイ、と思って・・・。

それと、
ギターの場合、サウンドホールのリングは
穴縁の強度アップの意味もあるのですが、
ウクレレではサウンドホールが小さく
強度はそれほど気にせず自由にやってイイだろう
とも思って、

そっか、月桂樹を埋めよう!
と思いつきましたが、
待ち受ける作業を考えると憂鬱で、
でもまあ、たまにはそれもイイかと思いました。


まず、サウンドホール、指板終端を描いて
月桂樹のイラストを写します。

ウクレレ・サウンドホール-02

ウクレレ・サウンドホール-03

イラストの月桂樹に合わせて、
厚さ約0.5ミリのハワイアンコアの板から
葉っぱを1枚ずつ作ります。
ウクレレ・サウンドホール-04

ボディに
作った葉っぱと同じ形の穴を
深さ0.45くらいを目指して掘り、埋め込み。
ウクレレ・サウンドホール-05

ボディの板の厚さは2ミリくらいです。

やっと片側の葉っぱ完成。
ウクレレ・サウンドホール-06

もう片側も・・・
ウクレレ・サウンドホール-07

ギター作りは、
全体的に「根性試し」的な作業ですが、今回は特別。
誰にも「こうしてくれ」ってリクエストされてないのも
かなり修行チック。

ということで、茎まで入れて
ウクレレ・サウンドホール-08

ウクレレ・サウンドホール-10

サウンドホールを開けて完成。
ウクレレ・サウンドホール-09



ふー。


次回は、表板のブレーシングの巻です。

つづく

(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/396-4f03a832

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR