FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント物語-24

Posted by ビータのマツモト on 05.2010 クイント物語 0 comments 0 trackback
思わぬ長丁場になってしまっている
クイント開発日記。


今回でボディの木工作業が終了します。


連載初期の頃、いかにもビータの末っ子っぽい形にしたい、
と書きましたが、

ウチのギターをご存知の方の中には、まっさきに
「今回も、ぐるぐる、やるの?」
と言っていただける方がいらして、
とてもうれしく思っていました。

好き嫌いとは別に、なにか特徴があって、
それを覚えてもらえるのは
ありがたいことです。


というわけで…
ギターボディ

これが末っ子の「ぐるぐる」です。

加工は、まあまあ難しいのですが、
もはや、オッキオの「ぐるぐる」で
「ぐるぐる」に慣れてしまっています。

ギター作家で、
私と同じくらい「ぐるぐる」のことをぐるぐる考え続けている奴は、
世界的にマレかもしれません。


さて
塗装に入る前に、
ボディの表面を紙やすりで磨く作業があります。

最終的な仕上がりや、使う塗料などによっても
どの程度みがくかが変わり、
「何番(紙やすりの「細かさ」)まで磨きますか」
と質問されても、
「仕上がりに要求される傷の細かさまで」
としか答えられないこともあります。


磨き作業はとても奥が深く、上手になればなるほど
いままで見えなかった傷が見えてきて気になったり
ずっと先の工程、仕上がりのことを踏まえての作業が
できるようになったり、
うまく省略できるようになったりします。


で、磨いた後はこんな感じ…
ギター磨き

ギター加工

エレキギターボディ

ギターバック


生まれたての卵や
焼きたてのクッキーみたいな
ほっかほかな雰囲気。

羽化中のセミみたいで、
あまり触りたくない年頃です。


クイントを塗装するのは初めてなので、
専用の塗装ハンドルも作成しました。
ギター塗装ハンドル



取り付けると…
ギター塗装準備

ハンドルの形は
ぐるぐる部分が塗りやすいようにしました。

これで塗装に入れます。


ボディは一旦終了し
次回からネックの仕上げに戻り、シーズン2ndは終了。
いよいよシーズン3rdの塗装に入ります。

今回も長文にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


つづく。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/40-2e699143

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR