スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

ウクレレ番外編-10(最終回)

Posted by ビータのマツモト on 29.2013 ウクレレ作成記 0 comments 0 trackback
さて、
ビータギタラーズ番外編として書いてきたウクレレ作成記、
今回で最終回です。

年末スペシャルも兼ねて、
完成写真てんこ盛りでおおくりします。

まず表側全体写真。
オリジナル・ウクレレ-01

サイズは「コンサート」に近いです。
「コンサート・サイズ・ウクレレ用」の
ハードケースに収まります。
オリジナル・ウクレレ-02

オリジナルの楽器を設計する時
私はわりとケースの寸法を気にします。
ケースは消耗品だと思うと
できるかぎり汎用ケースに収まれば
ユーザーも後々楽なんじゃないかと。

ではボディ表のアップ。
オリジナル・ウクレレ-03

表板はスプルース。
特徴的なのは、サウンドホール周りのインレイです。
ボディの形状は、
クラシックギターを参考にアレンジしました。

指板の終端、ボディとの接合はこんな形状。
オリジナル・ウクレレ-04

バインディングは「栃の木」で、
0.5ミリの茶色い板をサンドイッチした2重巻きです。
オリジナル・ウクレレ-05

バインディングは、表側、裏側の両方に巻いてあります。
オリジナル・ウクレレ-06

ブリッジはエボニー(黒檀)で作製。
なるべく薄く作って、弦の縛り目からサドルへの角度が
キツくなるようにしています。
オリジナル・ウクレレ-07

ピエゾ・マイクを内蔵し、
ボディエンドにジャックを装備。
ただし、乾電池を内蔵しない方式(パッシブ)です。
オリジナル・ウクレレ-08

ヘッドの表面。
クラシックギターにならってスロッテッド式。
表面にエボニーの化粧板を貼りました。
ペグはゴトー製のギター用が付いています。
オリジナル・ウクレレ-09

ヘッドの裏側。
メイプルの化粧板が貼ってあります。
オリジナル・ウクレレ-10

指板のサイド(側面)にはポジションマーク。
ギターと同じ、3・5・7・9・12・15・17・19フレットに
打ってあります。
オリジナル・ウクレレ-11

ヘッド~ネックはオイル仕上げ。
材料はマホガニーを主に、
メイプル・マホガニー・メイプルの薄板を合わせて
5層になっています。

また、ネックとボディとの結合部分は
ヒール・レスになっています。
オリジナル・ウクレレ-12

ネックとボディとの結合部分の拡大。
オリジナル・ウクレレ-13

裏側の全体写真。
オリジナル・ウクレレ-14

バインディングは表面と同様「栃の木」で、
0.5ミリの黒色の板をサンドイッチした2重巻きです。
オリジナル・ウクレレ-15



では、他のウクレレと比較してみます。

まず、父が所有してるカマカのウクレレから。
オリジナル・ウクレレ-16

カマカの方も、コンサート・サイズより
ちょっとネック(スケール)が長いようです。
(今回作った奴よりも、ちょっと長め)
たぶん「オオタサン・モデル」って奴です。
オリジナル・ウクレレ-17

ボディの厚さは、
カマカよりも少し薄くしました。
また、カマカは裏板側にバインディングがありません。
オリジナル・ウクレレ-18

ちなみにカマカは
ピエゾマイク内蔵の改造済みです。

次に、ソプラノ(スタンダード)サイズのマーチンと比較。
オリジナル・ウクレレ-19

2本のブリッジのところが直線になるよう
写真を撮ってあります。
オリジナル・ウクレレ-20


父のコレクションを並べてみると
オリジナル・ウクレレ-21

こんな感じ。
パイナップル型のはケリーというブランドのもの。
一応、それぞれキャラが被ってないみたいです。

これらの音に関しては、それぞれに個性があって、
それぞれイイんじゃないかな、と思っています。

でも、今回作ったウクレレはまだ若いので、
もっと歳をとらないとなー、とも思ったりします。


さらに番外編ですが、
ティプレという楽器も持っています。
オリジナル・ウクレレ-22
15年くらい前、ウクレレがマイブームだったときに
中古を見つけて購入。
日本製で丁寧に作られています。
10弦4コース
(1と4コース=2本、2と3コース=3本)
なので、ウクレレと同じように弾ける!ジングルジャングル魅力的!
と思いましたが、
チューニングもたいへんで、なかなか押さえにくくて・・・。


そんなこんなで、納品。
オリジナル・ウクレレ-23

いきなりフルストローク。
イイです。好きに弾いてください。


ということで、
ウクレレの連載はこれにて終了です。

身内向けですが、とりあえず良い経験になったし、
完成が間に合ってホッとしています。

本業のオリジナルギター作製があるので、
今後、このウクレレを作るかどうかは分りませんが、
機会があったら作ってみたいと思っています。
(いつか自分用も欲しい(笑))

読んでいただき、ありがとうございました。


(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)

♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/400-c03e78c8

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR