FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

サイト更新・新作クイントベース002

Posted by ビータのマツモト on 16.2014 サイト更新 0 comments 0 trackback
先日、新作のエレキベース
クイント・ベースのVer.002が完成し
サイトに詳細をUPしました。

Japan-Blue-Bass-01

作例のページ

・・・から、仕様詳細ページ
に行けます。

他には、ニュースページや
壁紙
Japan-Blue-Bass-02
も更新しました。


このベースはお客さんのオーダー品。

ボディ色は、オッキオのVer.007
Japan-Blue-Bass-03
を参考にされました。

ボディ材は「タモ」という木の
杢が出ている珍しいもの。
(木の質感は「アッシュ」に近いです)

Japan-Blue-Bass-04
ボディ色のイメージは、南の海のサンゴ礁。
透けて見える木目が、打ち寄せる波の様です。

ボディのスクロールに埋めた石はターコイズ。
普段ならココが一番目立つハズですが
Japan-Blue-Bass-05
今回はボディの木目に押され気味。

加えて、ピックガードも特別仕様。
Japan-Blue-Bass-06
ボディ材の「厚さ調整加工」でスライスした端切れで
作りました。
ボディがリーフなら
ピックガードはビーチか砂漠の様な雰囲気になっています。


ヘッドはボディとマッチングカラー。
Japan-Blue-Bass-07

そもそもこの「クイント・ベース」シリーズは
フェンダー・スタイルで作るつもりで
ネック、ヘッドもそれに準じて作るのが
「自分的な約束事」でしたが、
早くもVer.002で逸脱。

ネックの先端、ペグが付くヘッドは
角度付きとし、
(アコースティックギターや
ウチのラインナップだと、オッキオ、ミリンジェ
みたいな方式)
ボディの端材を貼り付けてブルーバースト。

熱意のあるお客さんと意気投合して作れれば
我々、お互い楽しいので
形状がウチのスタイルならば、
おおよそアリなノリになってきました。

ということで、
ヘッドの裏も
Japan-Blue-Bass-08
しつこくブルーバースト。
やるからには徹底的に。歴史に残る1本を。


ボディの裏は
Japan-Blue-Bass-09
こんな感じ。

ネックの裏(グリップ)は
Japan-Blue-Bass-10
メイプルの派手な杢になっています。


このベースの作製の事は、
今後ブログで少し書きたいと思っています。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/411-0b34f447

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR