FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイントベースVer.003、その4-ネック加工編

Posted by ビータのマツモト on 14.2014 クイント・ベースシリーズ 0 comments 0 trackback
先日のクイントベースVer.003
ボディ加工編に引き続き、
今回はネック編です。

まず、ネック材はウェンジ。
柾目のものを用意し、
中心線、それに直交してナット(0フレット)の位置を描いたら
ヘッド~指板終端までの絵を書きます。

ギター、ベースの加工は、
基準となる中心線と、
各部位が中心線上のどこにあるのか、
或いは中心線からどれだけ離れているかを
把握しながら進めていきます。

トラスロッド溝、ペグ穴を掘り、
指板の両脇を加工して、
エレキベースネック作り方-01

ヘッドの形、指板部分を大まかに切断すると
エレキベースネック作り方-02
こうなります。

ここまできたら、ヘッドを1段削り
エレキベースネック作り方-03

指板にポジションマークを埋め込みます。
エレキベースネック作り方-04

サイドも同様です。
エレキベースネック作り方-05

サイドポジションマークは、
ラッカー塗装するネックには
蓄光樹脂を使うことが多いのですが、
今回はオイル仕上げのネックなので、
指板表面同様、貝のマークを入れました。

ネック材の指板接着面と
指板の底面の平面度を確認し、
エレキベースネック作り方-06
指板を接着します。

一段削ってあったヘッド平面と
指板とが曲面でつながるように削ります。
エレキベースネック作り方-07

ヘッドのロゴマークは、
上記サイドポジションマーク同様、
ラッカー塗装の場合はシールや薄い貝で出来たマークを貼り
塗膜でコーティングすることが多いのですが、
オイル仕上げの為それが出来ず、
ポジションマークのように
厚い貝で出来たものを埋め込む事になります。

ますはマークの形に掘って
エレキベースネック作り方-08

ロゴマークを埋め込み
エレキベースネック作り方-09

ギターで「クイント」シリーズ始めたときは
オッキオ・ミリンジェよりもコストダウンして…
という方針でしたが、
もはや要望があれば大体アリ
という方針になっています。

その方が、お客さんも私も楽しいのでした。


ボディのボルト穴を基準に、
ネックにナットを埋め込み、
エレキベースネック作り方-10

仮組み。
エレキベースネック作り方-11

ネックとボディの中心線が合致していることを確認し
ブリッジの位置を割り出します。

ネックのグリップ(裏の半円柱部分)を
時間をかけて整形し、
指板の表面を仕上げてから
フレット打ち込み
エレキベースネック作り方-12

フレット端部を丸めたり、
すり合わせ(フレットの高さを揃えること)をしたりして
とりあえず完成です。


今回も大急ぎでしたが
ネック加工はこれでおしまい。
次回は塗装編です。

クイントベースの作成記事は
ビータギタラーズサイトのアトリエページ
に詳しく書いてあります。
今回のブログ記事で物足りない方は
そちらをご参照下さい。


ビータギタラーズ・サイト
クイントベースVer.003のページはこちらです。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/421-cd2ff126

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR