スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイントベースVer.003、その6-組込み完成編

Posted by ビータのマツモト on 16.2014 クイント・ベースシリーズ 0 comments 0 trackback
先日のクイントベースVer.003
塗装編に引き続き、
今回は最終回、組み込み編です。


まずはピックガードの作成。
実際は、ボディと並行して
ピックガードを加工していましたが、
連載の流れ的に、今回書く事にします。


私は、黒の「縮み塗装」ということなので、
素材は白かクリームのプレーン、
或いは白・黒・白の積層材で
へりにその断層が見えるようにする・・・

という事を考えていましたが、
ちょっと珍しい、紫パール柄の素材を
お客さんに見てもらったら
コレもイイ、スクロールの石(アメシスト)にも合う
ということになり・・・

使い込んで、黒い縮み塗装が剥がれてきたら
紫パールが出てくるようにしよう、
となりました。

外形を整形し、
ピックアップの穴などを加工。
エレキベース組み立て-01

リッケンバッカーのピックアップの設置は
今回の様にピックガードの穴を大きくして
ピックアップ全体を出すか、
ピックアップの四隅のビスが
表から見えないように底辺を隠し、
穴を小さくするかで迷いました。

2つのピックアップの出力バランスがどのくらいなのか
完成しないとホントの事がわからないのが重要で、
ピックアップ全体を出さないと
高さ調整の範囲が狭くなって、
結果、バランスが取れないとか、
ピックアップの本領が発揮できないかもとか・・・
色々考えて、今回のようにしました。

これは楽器の設計によって変わってくるので
どんな楽器でもこれがベスト、
というわけではありません。

結果的に、
フロントは穴を小さくしてOKだったようです。
しかしリアとの見た目のバランスもあるので
今回はこれで良しとしました。

プラモ屋さんで売っている細いマスキングテープで
エレキベース組み立て-02

側面(断面)をマスキング。
エレキベース組み立て-03

プラモ屋さんの道具は
細かい細工に使えるものがあるし、
そもそも「模型用」という存在感が好きです。
オッキオなど、
ボディにバインディングのあるギターの着色の際には
コレが無いと進めません。

で、縮み塗料のスプレーで
エレキベース組み立て-04
塗装。

オートバイの
ハーレーダビッドソンのエンジンにも
塗ってあるのと同じような塗料で、
耐熱性があります。

なので、どんだけチョッパーで
「ゲームセンターあらし」の「炎のコマ」
みたいに激しく弾いても、
そこんとこはすっかり耐熱、って感じです。


いよいよ組み込み。
エレキベース組み立て-05

内部にラベルを貼ったり、
ストラップピンやブリッジなどをを取り付けて
いきます。
エレキベース組み立て-06

ラベルには、
モデル名とVer番号、ロット番号
楽器の誕生日、私のサインが記載されています。
ロット番号は、ウチの通し番号で、
誕生日と共に、ネットには公開していません。

仮に弦を張ってナットの溝加工や
リテイナーを取り付け
エレキベース組み立て-07

ネックの反りやピックアップの高さなどを
確認したら
エレキベース組み立て-08
本式に組み上げて、
さらに調整したら完成です。

今回たまたま
リッケンバッカーのピックアップ・フェンス
が手に入ったので、
エレキベース組み立て-09
お客さんもノリノリだったこともあり
とりあえず写真撮影用に
両面テープでうっすら付けました。
(ちなみにビスも足を切って仮付け)

ホントに止めるならビス穴を開けないと
いけないのですが、
お客さんが弾き心地を確認してからでないと・・・。
フェンスがすっごい邪魔で外したら
寂しいビス穴だけ残るので。

というわけで
エレキベース組み立て-10

完成です。

昨年納品し、
お客さんは、とても喜んでくれました。
ありがたいことです。


これにて
クイント・ベースVer.003の
ミニ連載はおしまいです。

ミニ連載シリーズ、次回は
クイント・ベースVer.002の予定です。


…ビータギタラーズWebサイト
クイント・ベースVer.003の詳細

クイント・ベースVer.002の詳細

(この連載の過去記事の目次は、
ビータギタラーズWebサイトのブログページにあります)

♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/424-d86b55ed

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR