スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイントベースVer.002、その1-コンセプト

Posted by ビータのマツモト on 17.2014 クイント・ベースシリーズ 0 comments 0 trackback
先月、クイント・ベースVer.003の
紹介記事を書きました。

ブログ記事

クイント・ベースシリーズは
Ver.001の開発記事があり、
002を飛ばして003の記事を書いてしまった訳です。

そこで今更ながら
今回からVer.002の記事を
前回の003同様、数回の連載で書いてみることにしました。


Blue-bassguitar-1-01
クイント・ベースVer.002


今回はコンセプト編です。

前回の003同様、このベースもお客さんのオーダー品。

オーダー楽器作製の時、お客さんには、
コンセプトを考えるところから楽しんでもらいたいし、
私も、お客さんのコダワリが極まってるモノほど
作るのが楽しいです。


さて今回のお客さんのコンセプトは「南の海」。
Blue-bassguitar-1-02
わかりやすい。

いや、写真はもう少し珊瑚礁と砂浜っぽいのを
持ってきたかったのですが、
自前ではこの程度しかなく。

要するに
白い砂浜×エメラルドな珊瑚礁×コバルトな外海、
太陽はギラッギラ
…なのであります。

これは以前作成した「オッキオ・ギターVer.007」と
同じような色で
Blue-bassguitar-1-03
お客さんもこのギターをご承知でした。
私もこのブルーバースト色が大好きです。

となると、まず重要なのはボディ材。
木目が透けて見えて、こういう色にする場合、
例えば木材の元々の色が「濃い茶色」とかだと
うまく発色しません。


同時に今回のコンセプトとして
木目を「波」に見立てられるよう派手な高級木材を使い、
且つ、ネックやピックガードにも
オーダー一品モノの高級感を出す、
ということでした。

そもそも「クイント」シリーズの設計コンセプトは
高級路線では無いイメージでしたが、
002にして早速逸脱。
しかし、私としては望むところです。


…というわけで、
ボディ材の選択を残したまま、
とにかく南の海、という事で
コンセプト編はここまで。

次回はボディ加工編の予定です。


ビータギタラーズ・サイト
クイントベースVer.002のページはこちらです。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/431-257dd995

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR