スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

ぼくの大切な…

Posted by ビータのマツモト on 10.2010 雑記 0 comments 0 trackback
「ぼくの大切なともだち」
というフランス映画のDVDを観た。

古物商のオッサンが、共同経営者の女性に
「あんた、ともだちいないでしょ、
あんたの葬式には、誰も来ないね」

と言われ、
「なにー! ともだちなんて沢山いるよ、
じゃー賭けよーぜ、ともだち連れてきたら、
おれの勝ちな!」

ということになるのだけど、

オッサンは、マジで性格に難アリで、
いままで、ともだちなんてできたことないのだ。

それどころか、
ともだちって、はて、どういう感じ?と思って、

本屋さんで、
すみませーん「ともだちの作り方」の本、ください。
と言ったりする。

必死すぎて滑稽でカワイイけど、切なくなる。


話としては
「ともだちの居ない偏屈なオッサンに、ともだちができるのかな」
ということなのだけど、

映画が進むにつれて、
オッサンがそれほど偏屈な奴には見えなくなってくる。
見てるこっちが、
本当の「ともだち」って、どういう人のことを言ったらイイわけ?
と考えたりして。

携帯電話代の大部分を経費(仕事)に計上してるワタクシ、
…あれ?…おれもひょっとしてヤバイですかー的な。


CGも無いし、一見、とても地味な映画だけど、
オッサンの周りのキャラがとても暖かく、
ラストへの盛り上がりもすごく良かったし、
たいへん面白かったのでした。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/45-ea94fcaa

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR