FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

クイント物語-33

Posted by ビータのマツモト on 30.2010 クイント物語 0 comments 0 trackback
今日も引き続き「黄色」な奴についてです。


この日記を始めた頃(-05)、
「ボディのスクロールには石を入れる。
これはウチのお約束だからね」

と、えらそうに書きました。

すみません。
撤回します。


一応、今回のサンプル分くらいの石は用意してましたが…
今後、思うような石が安定して入手できなさそう
ということが一番の理由です。


かといって、いくら末っ子でも
スクロールに何も無いと寂しい。

ということで…

うずまきギター

ヘッドのロゴマークなどに使う貝(螺鈿)素材
の丸い奴を用意しました。

右上がパール(白蝶貝)、下がアバロン(あわび)。
(厚さが0.1ミリくらいの、平らな板状)


当面はこの2つを
ボディカラーとのお好みコーディネートで
選べるようにします。

直径は3つとも15ミリ。
ちなみにオッキオは直径20ミリの球の石を埋めています。


左上は、当初考えていたトルコ石(ドーム状)でした。

ちなみにトルコ石を置いてみると

トルコ石ギター

こんな感じ。

高級感はあるけど、
元々クイントは廉価機のコンセプトなので
コレを付けると「シャアザク」的な特別モデルっぽい。
タフに使い込むのを躊躇してしまうかも…。


アバロンでは

アバロンギター

こうなって…

パールでは

パールギター

こうなります。

どっちも悪くないとおもったけど、
今回はパールを選択。


貼り付けに使うのは

スティックのり

スティックのり。 変哲ない文房具な奴です。

さすがにドーム状の石は付けられませんが
同じ素材のロゴマークをヘッドに貼るときもコレを使います。


ちなみにオッキオの玉石は

孔雀石ギター

こんな感じに埋まってて、
ボディのアーチと相まって立体感ムキムキです。


貼り付け後は

イエローギター

こんな雰囲気になり、

ここからクリアーを8~10回ほど塗って
剥がれないよう、埋めてしまいます。


長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
次回からアッシュ材を使ったボディの話になります。


つづく。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/54-706fed0a

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR