FC2ブログ
スクリーン1・ナチュラルギター スクリーン2・ピンクギター スクリーン3・トラ杢ギター スクリーン4・ブルーギター

母を逃がす

Posted by ビータのマツモト on 22.2010 雑記 0 comments 0 trackback
今月初旬、
友人に誘われてお芝居を見に行った。

大人計画の「母を逃がす」

母を逃がす


場所は東京・下北沢の本多劇場。

元々、
その頃に東京のお客さんと会う為に上京する予定があり、
お客さんにお願いして、
昼公演の芝居を観てから、夜に会えるよう
同じ日に調整してもらったのだ。

田舎にボンヤリ住んでいると、行ぐべ東京っ!、と
気合を入れなければならない。

なので、
サンプルのギター3本を新宿駅のコインロッカーにぶち込んでから
下北に向った。


何度か日記に書いているけど、
今年は友人から映画「クワイエットルームにようこそ」
を教えてもらい、
おかげで、いろいろな映画や本やバンド(グループ魂)
を知ることが出来て、とても楽しい。

今回もその友人からの誘いで、
様々な連鎖の総仕上げ的な、ありがたいもの。


私はお芝居を観たことがなく、今回は初体験。
しかもフレッシュな予備知識が脳内充満中。

席も、友人がどうやって取ったのか知らないけど
ものすごく前で、
松尾スズキ、宮藤官九朗、阿部サダヲ、
平岩紙、村杉蝉之介、荒川良々など、
画面でしか観た事ない人たちが
目の前で動いていて、

まるで現実感が無く、
コインロッカーに押し込んだ3つ子ギターはスッカリ忘れ
ポカーンとしてるうちに終わってしまった。


演劇って、こういうもんですか。
と、久しぶりにびっくりしました。


♪♪♪♪

ギターブログ人気投票、応援お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギターブログ

♪♪♪♪
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://vitaguitalas.blog101.fc2.com/tb.php/81-b45d883a

プロフィール

ビータのマツモト

Author:ビータのマツモト









日本発、新デザインギターブランド「ビータギタラーズ」の松本です。ギターのデザイン・制作、サイト管理、写真撮影、営業など独りでやってます。趣味は映画鑑賞と読書です。

twitter 始めました。@VitaGuitalas

私が作った楽器で、みなさんが楽しくなって、気に入ってもらえますように。



最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR